嫉妬の心理学的意味と原因を徹底解説

スポンサーリンク

「また嫉妬してる…もうイヤ!」
「嫉妬ってなんだよ!本当にイライラする!」
「なんでこんなに嫉妬しちゃうの?」

こんな気持ちになる人は少なくありません。嫉妬とは誰にでも起こりうる感情であり、感じて当たり前な感情なのです。

ですが、嫉妬とは感じなくなることはできなくても、軽減することはできるのです。

嫉妬を軽減するには、嫉妬について知ることがとても大切なのにもかかわらず、嫉妬について深く理解している人はほとんどいません。

そのため、ほとんどの人が嫉妬に苦しめられ、視野を狭くしてしまい、人生を思う存分楽しめられていない人が多いのも事実です。

ここでは、そんな嫉妬について深く理解していただけるよう、嫉妬に関する全知識をお伝えいたします。

この記事を読んでいただければ、悩みの根本となる原因を知り、本当の対処法を知れるようになることをお約束いたします。

そもそも嫉妬って何?

そもそも嫉妬とはどういう感情で、どういう時に湧き上がってくる感情なのでしょうか?

まず嫉妬には種類があり、向けられる対象や湧き上がる感情が違います。大きく分けると下記の2種類になります。

  1. 人の愛情が他に向けられるのを憎むこと。また,その気持ち。特に、男女間の感情についていう。やきもち。悋気(りんき)。
  2. 優れた者に対して抱くねたみの気持ち。ねたみ。そねみ。

引用元:weblio辞書

すべての嫉妬には嫉妬をしてしまう原因があります。嫉妬の原因は三者三様ですが、3つの原因に分類することが出来ます。

また、どのような人が嫉妬してしまうのでしょうか?原因別にご紹介します。

1つ目は「自分に自信がないこと」です。

自分に自信がすごいあるという方はあまりいないと思いますが、嫉妬の原因に自信は大きく関係してきます。自信がない=不安と言い換えることもできるのですが、恋人が他の誰かを好きになるのではないかという、まだ起きてもいないことに対して不安になったり、悪い妄想をして自信をなくしてしまうことがあります。

嫉妬は怒りの感情ですが、自分を優先してくれていないという寂しさから来ています。自分は愛されているという実感が強い人は、嫉妬が芽生えづらいです。

2つ目は「思い込み」です。

先程の自信がないということにもつながりますが、「恋人が他の誰かを好きなるかも?」とか「私は愛されてないのでは?」など理由もなく不安になり、不安が原因で嫉妬してしまうことがあります。

そのため、特に想像力が豊かな人は思い込みで嫉妬しやすいです。

3つ目は「他人との比較」です。

他の2つは曖昧な原因でしたが、「他人との比較」は非常に明確な嫉妬です。仕事が出来る人間に嫉妬している場合、仕事能力を比較して負けたと思っています。それに対し、年齢が若い人に嫉妬している場合、年齢が若い方がランクが上だと思っています。

このように自分と比較して、潜在的に負けている要素を認めたときのみに「他人との比較」による嫉妬が芽生えます。体裁を気にして行動する人やプライドが高い人は「他人との比較」による嫉妬をしやすい傾向があります。

嫉妬と妬みの違い

先ほどにもご紹介した通り、嫉妬の種類の中に妬みがあります。嫉妬も妬みも、他人の幸せや優れている部分を羨ましく思うことに変わりありません。

では、嫉妬や妬みなど言葉としてよく使われますが、具体的には何が違うのでしょうか?

妬みは自分が持っていないもの(容姿や評価なども含む)を他人が持っていてことを羨む気持ちを言います。一方で嫉妬は、自分が持っているものを他人に奪われそうになるのを取られたくないと思う気持ちを言います。

要するに、自分のものかどうかというところが違いのポイントになってきています。

本当に効く!妬みの具体的な解決策

妬みとは自分が持っていないものを羨む気持ちとご説明しましたが、妬みを否定する必要はございません。妬みは自分のチカラに変わる大事な感情だからです。

良い例として、NHKの番組「あさイチ」では、自分自身が羨ましいと思う人を実際に見に行って自分もモチベーションを上げたという尾上松也さん(歌舞伎俳優)や、自分自身が羨ましいと思う人を細かく研究して自分との違いを明確にし、違いを克服することを目標にしたわたなべぽんさん(漫画家)が紹介されていました。

自分自身が羨ましいと思う人を見たら通常は妬みが芽生えますが、2人はうまく自分のチカラに変えてしました。

では、この2人が特別なのでしょうか?

自分も誰かの言葉を聞いてやる気になったり、尊敬している人の違いを見つけて追いつけるように努力したりしたことはありませんか?やっていることは実は基本的に同じことなのです。

ただし、妬みは自分の中に残りやすい感情ですので、普段の生活で目標を決めて実行するよりも忘れづらいメリットがあります。誰かを妬んでしまうときは成長するチャンスと思うと、気持ちが楽になるかもしれません。

嫉妬とやきもちの違い

嫉妬と比較される感情として妬みだけでなく、やきもちもあります。では、嫉妬とやきもちの違いは何なのでしょうか?

嫉妬とは先ほどもご説明した通り、恋人などの大切な人が第三者に奪われることへの恐れや憎しみを「第三者」に対して抱く感情です。

それに対しやきもちとは、恋人が誰かを好きになってしまうことへの恐れ、その感情が嫌いなことで恋人に対して抱く感情です。

つまり、嫉妬とやきもちの違いは感情を抱く相手が違うのです。

本当に効く!やきもちの具体的な解決策

すごい好きな相手であればあるほど、やきもちはどうしても焼いてしまうものです。やきもちを焼くことによって相手に嫌われないようにいくつか気を付けるポイントがあります。

相手は自分の行動に対して詮索や監視をされることを快くは思いません。質問攻めになってしまう恋人も多いですが、質問攻めは逆効果です。

「誰と遊んでたの?」程度は問題ありませんが、「なにして遊んだの?」とか「どこに行ったの?」とかしつこく聞くと相手は嫌になってしまうかもしれません。

やきもちは相手の心の中にいることを確認出来ると、安心して落ち着いた感情に戻りますので「いいなぁ。私も行きたかったなぁ」など自分の感情を伝えてあげると効果的です。

また、相手に対してやきもちを焼いているので、行動自体を否定してしまうことがあります。

例えば、恋人の遊んだ相手があまりいい噂を聞かない人だった場合、その遊んだ相手の悪口を言ったり、遊んだ場所は面白くないから行かないほうがいいなど余計なことを言ってしまうことがあります。

これも当たり前ですが相手にプラスな訳がありません。こんなときは遊んだ相手が羨ましいなと伝えたり、遊んだ場所に私も行きたいと伝えましょう

なぜなら、恋人だったとしてもずっと一緒にいることは出来ませんので、やきもちを焼いてしまいそうなときは、ちょっとだけでも自分を思い出して欲しいという「けなげさ」をアピールしましょう。

例えば、お土産を選んでいるときはあなたのことを必ず考えます。そのため、思い出してもらうテクニックとしてはお土産を頼むことはとても効果的です。

もちろん、お土産をもらったらちゃんと喜びを伝えましょう。また、自分が出掛けたときもお土産を買ってくると習慣化されて何処かに出掛ける度にあなたのお土産を意識するようになります。その結果、あなたのことも意識されるようになり、一石二鳥です。

嫉妬の種類について

嫉妬しているとき、対象や状況によって、同じモヤモヤでも違うモヤモヤに感じたことはないでしょうか?

これは、嫉妬にも以下の2つの種類に分けられるからなのです。

  • 恋愛関係の嫉妬
  • 優劣関係の嫉妬
これら2つの嫉妬、それぞれの特徴を知ることが出来れば、臨機応変にさまざまな嫉妬に対応することが出来ます。

ここでは、一般的に嫉妬しやすいシチュエーションを恋愛関係と優劣関係に分けてそれぞれの特徴をご紹介します。

恋愛関係の嫉妬の特徴

恋愛関係の嫉妬とは、先ほどご説明した「①人の愛情が他に向けられるのを憎むこと。また,その気持ち。特に、男女間の感情についていう。やきもち。悋気(りんき)。」の嫉妬に当てはまります。

このことから、恋愛関係で嫉妬しやすい人は感情豊かな性格の人が多いです。

そのため、普段からよく妄想をしてしまう人は、独占欲が強くなる傾向があります。これは、恋愛関係での嫉妬をしやすくなることが原因となっています。

独占欲については育ってきた環境も影響します。また、一人っ子の場合は小さい頃から親の愛情を一人で受けて来たので誰かに分け与えることをあまり学んでない子も多いので、独占欲の強い人になってしまう場合があります。

優劣関係の嫉妬の特徴

優劣関係の嫉妬とは、先ほどご説明した「②優れた者に対して抱くねたみの気持ち。ねたみ。そねみ。」の嫉妬に当てはまります。簡単に言うと、敗北を感じて嫉妬してしまうことです。

優れた者と比べられる機会は、学校であったり職場であったり様々なところで誰もが経験があるのではないでしょうか?

例えば学校であれば、同じ部活で勉強する時間が同じくらいの部員同士でテストの点数を比べられたり、会社であれば同期同士で営業成績を比べられたりします。

人は得手不得手がありますので単純に比べられるといい気持ちはしないかもしれません。

しかし、悪いことばかりではありません。自分と他人を比べることによって自分の足りない部分が明確になり、新しい目標を持つきっかけになります。劣等感は強い原動力になりますので成長するチャンスが生まれます。

嫉妬の原因は?

嫉妬は嫌な感情なので、向き合うのは大変です。この嫌な感情を克服するためには、まず嫉妬の原因について知らなくてはいけません。

そもそも嫉妬とは、簡単に言うと自分が傷ついているから起きる感情です。つまり、嫉妬が起きる原因は客観的に自分を見れていないからなのです。

もちろん、客観視することは簡単ではありませんが、嫉妬してしまうときはGIVE&TAKEやGIVE&GIVEの気持ちが薄れてしまっています。

例えば、恋人が大好きで大好きでたまらない人の場合、片思いのときは自分が好きなだけでも幸せだったのに付き合ったら相手からの愛情が欲しくなります。付き合いが長くなっていくと自分の方が愛情が大きいと感じて自分以上の愛情を求めてしまうことがあります。

人は慣れてしまうと当たり前の幸せに気付きにくくなってしまいます。恋愛だけでなく自分が与えたものよりも多くのものを求め、見返りがないときに、自分は愛されていないかもしれないという錯覚を起こしてしまいます。

そのため自分が傷ついてしまい、嫉妬が芽生えてしまうのです。これが嫉妬のメカニズムです。

職場で起きる嫉妬の原因

職場はよく嫉妬が行われている現場です。

職場で起きる嫉妬は出世や昇給が一番多いのではないでしょうか?特に同期や自分より後輩が先に出世や昇給した場合、冷静でいられる人は少ないでしょう。

では、なぜ嫉妬していまうのでしょうか?

例えば、同期社員が上司にゴマすりをして出世したとします。この場合、同期社員が上司に対して裏で行っていた、数々の小さな気遣い、飲みの付き合いなどに自分の予定を潰して行っていた、などのその同期社員の努力を知らないことが多いです。

そのため「あいつは、よくわからないけど好かれててずるい」のように感じて嫉妬してしまうのです。

つまり、自分より能力が上だと思ってしまい、優劣関係の嫉妬をしてしまうことが原因で嫉妬をしてしまうケースが職場の嫉妬では多いのです。

職場で嫉妬しないためにも自分が出来ること、やるべきことを明確にして嫉妬も仕事の力にしてしまいましょう。

恋愛での嫉妬の原因

嫉妬している人の大半は恋愛で起きていると思います。

恋愛での嫉妬の原因は、恋人を誰かに奪われてしまうのではないかという恐れにあります。

この誰かに奪われてしまうのではないかという恐れが相手の愛情を常に確認したいという欲求に変わり、毎日愛してると言ってもらわないと落ち着かなかったり、携帯をチェックしたり妄想で浮気を疑ってしまいます。

特に嫉妬しやすい人の特徴としては異性に対して自分をアピールする方法を知らない人や相手に依存しすぎている人、頭で考えず思ったことをすぐに言葉や態度に出してしまう人が多いです。

友達への嫉妬の原因

たまに、友達へ嫉妬してしまうことがある経験を持つ人は、結構いるでしょう。

友達への嫉妬は、自分にないなにかを持っている人に対して比較してしまい敗北感を感じる、優劣関係の嫉妬をしてしまうことが原因です。

人間関係すべてに言えることかもしれませんが、嫉妬する相手のポイントは3つあります。「スペック・環境・信頼」です。

スペックは容姿や能力のことを表します。自分よりかっこいい・かわいい人と大雑把なことより、自分よりも脚が長いや目が大きい、胸が大きいなど部位を比べてしまう傾向があります。

環境は家庭環境や職場環境などを表します。親や兄弟に愛されてたり、年収の高い仕事につけたり、残業のない会社に勤めてたり、彼氏・彼女がいたりすることなどで嫉妬します。

信頼は他人からの評価を表します。他人からの評価なので客観的に捉えないと間違いだったなんてこともあります。「えこひいき」していると感じることも嫉妬につながっていきます。

嫉妬のメリット・デメリット

嫉妬はデメリットばかりでみっともない感情のイメージが強いです。

では、嫉妬はデメリットばかりなのでしょうか?実は、嫉妬にはメリットもあるのです。そんなメリットをご紹介します。

嫉妬のメリット

  • 相手をライバル視することによって成長する力に変換できる
  • 相手のことを深く知るための行動が積極的にできる
  • 自分の弱点を知ることができる
また、嫉妬には当然ですが、デメリットも存在します。

あなたが普段感じていることかもしれませんが、思っていることを文字にすると気持ちもおさまりやすいので、嫉妬のデメリットもご紹介します。

嫉妬のデメリット

  • 気分が落ち込みやすくなる
  • 解決できないことにも嫉妬してしまいやりきれない気持ちになる
  • 人間関係を壊すきっかけになる
嫉妬は自分と他人を比較したときに芽生えやすい感情です。生まれた環境や身体的なことなど変えることの出来ない部分で嫉妬していまうと大変ですが、嫉妬することで自分の弱さを確認した上で弱点を克服することも可能です。

もちろん、弱点を理解しなければ克服は出来ませんので嫉妬は弱点に気付くためにも重要な感情なのかもしれません。

嫉妬をして良かった例

嫉妬して良かった例としてスポーツ学校のお話をします。

とある高校のサッカー部は、毎年スポーツ推薦で20名ほど部員を獲得しています。同じ1年生でも一般入試で入ってくる部員とスポーツ推薦の部員は別メニューで練習を行っています。そのため、一般入試の部員は毎日、練習後の自主練からしかボールに触れることが出来ず、ずっと走り込みをさせられていました。

当たり前のことながら、一般入試の部員の中には耐えきれず辞めていく部員もでましたが、反対にスポーツ推薦の部員に対して「うまくもないのボールを使った練習ばかりしやがって」という嫉妬から負けたくないという感情が沸々と沸きがっている生徒がたくさんいました。

2年生になる頃にやっとボールを使った練習も行えるようになり、一般入試の部員とスポーツ推薦の部員で対抗試合をするチャンスがやってきました。

なんと試合の結果は一般入試の部員が圧勝。元々、優遇されていたスポーツ推薦の部員はきっと自分たちの方がうまいから勝てるだろうと思っていたのでしょうが、一般入試の部員はぬけぬけと自由に練習でき人たちには負けたくないと練習も試合も集中していました。

この話のように、嫉妬から相手に負けたくない・勝ちたいという気持ちが芽生えて集中力が増すことなどのメリットもあります。

嫉妬をしなきゃ良かった例

嫉妬しなければ良かった例として恋人の会話についてご紹介します。

よく嫉妬でありがちなのが相手が飲み会に行って異性に奪われるのではと心配することです。

心配するあまり、「誰と遊ぶの?」「どこで飲むの?」「その子かわいい?(かっこいい?)」など根掘り葉掘り聞いてしまい、相手が「こんなに心配するなら・・・。」と、飲み会に行くときも「飲み会言ってないんだ。」と嘘をつき始めます。

ふとしたところから嘘が発覚してさらに心配になり浮気を疑い大喧嘩に発展します。そして確信もないのに嘘付くってことは浮気してると決めつけ、2人は別れてしまいました。

このように相手が心配したり、相手を心配させるのは心苦しいという、相手を思いやる気持ちであったのに関わらず、すれ違ってしまった2人のように、嫉妬をしなきゃよかった例もあります。

嫉妬は客観的に自分を見つめることが難しいので、視野が狭くなってしまいます。

そのため、冷静になることが難しいので間違った判断をしてしまいがちですので気を付けましょう。

嫉妬させてくるのはなぜ?

ここまでで、嫉妬のメカニズムやそもそもどういうものなのかについてご紹介してきました。

ですが、嫉妬について理解しても、自分が嫉妬を克服することが出来ても、嫉妬させてくる人の心理は理解することが出来ません。

なので、ここからは嫉妬させてくる人の心理を嫉妬の種類別に軽くご紹介しておきます。より深く知りたい人は、以下の記事に嫉妬させる心理について全てまとめていますので、こちらの記事にも目を通しておくことをオススメします。

わざと嫉妬させる男女の心理を徹底解説

2017.02.01

恋愛関係の嫉妬の場合

恋愛関係の嫉妬の場合、男女によって嫉妬させる意味が少し違います。

女性の場合は気になる男性に対して、わざと嫉妬するような会話をしています。

例えば、「今日、○○くんにかわいいねって褒められちゃった。」「会社の同僚にご飯誘われちゃった」などわざと男性が嫉妬するような会話をして自分に嫉妬してくれるかどうかを確認しています。交際期間が長くなると、付き合い始めた頃の高ぶった恋愛の勢いはなくなりがちです。

しかし、男性は落ち着いた感じも好きだとあまり気にしません。いつまでもトキメキが欲しいので男性に嫉妬してもらいたくて他の男性の影をちらつかせます

優劣関係の嫉妬の場合

優劣関係の場合は自分の立場を誇示するためや自分が相手より優れていると確認するためにわざと嫉妬させるさせることがあります。

例えば、仕事で大きな契約が決まったり、お客さんから褒められたときに自分より下の人間に自慢してしまうことはないでしょうか?

相手はあなたをライバルと見ていれば嫉妬してしまいます。相手を嫉妬させることによって自分が優位に立っている実感が確認できます。そのため、わざと嫉妬をさせてしまいます。

スポンサーリンク

嫉妬はウラナの無料占いでラクラク克服



嫉妬はどうしても1人で考えてしまいがちですが、最も効果的に嫉妬を克服するためには誰かに相談することも大切です。
そのため、占い師にしっかりとしたアプローチをしてもらうことによって、心が軽くなることは間違いないです。
しかし、占いも怪しいところがたくさんあり、どれを選べばいいかわかりませんよね。

そこで、弊社が50以上もの占いを利用してみた結果、最もおすすめだったのが『ウラナ』です。
あの「ルナルナ」を運営している会社の占いサービスなので安心して使うことができ、正しく嫉妬を克服できます。
今だけ初回は無料で占うことができるので、必ず使うべき占いサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です