嫉妬の心理学的意味と原因を徹底解説

スポンサーリンク

「また嫉妬してる…もうイヤ!」
「嫉妬ってなんだよ!本当にイライラする!」
「なんでこんなに嫉妬しちゃうの?」

こんな気持ちになる人は少なくありません。嫉妬とは誰にでも起こりうる感情であり、感じて当たり前な感情なのです。

ですが、嫉妬とは感じなくなることはできなくても、軽減することはできるのです。

嫉妬を軽減するには、嫉妬について知ることがとても大切なのにもかかわらず、嫉妬について深く理解している人はほとんどいません。

そのため、ほとんどの人が嫉妬に苦しめられ、視野を狭くしてしまい、人生を思う存分楽しめられていない人が多いのも事実です。

ここでは、そんな嫉妬について深く理解していただけるよう、嫉妬に関する全知識をお伝えいたします。

この記事を読んでいただければ、悩みの根本となる原因を知り、本当の対処法を知れるようになることをお約束いたします。

そもそも嫉妬って何?

そもそも嫉妬とはどういう感情で、どういう時に湧き上がってくる感情なのでしょうか?

まず嫉妬には種類があり、向けられる対象や湧き上がる感情が違います。大きく分けると下記の2種類になります。

  1. 人の愛情が他に向けられるのを憎むこと。また,その気持ち。特に、男女間の感情についていう。やきもち。悋気(りんき)。
  2. 優れた者に対して抱くねたみの気持ち。ねたみ。そねみ。

引用元:weblio辞書

すべての嫉妬には嫉妬をしてしまう原因があります。嫉妬の原因は三者三様ですが、3つの原因に分類することが出来ます。

また、どのような人が嫉妬してしまうのでしょうか?原因別にご紹介します。

1つ目は「自分に自信がないこと」です。

自分に自信がすごいあるという方はあまりいないと思いますが、嫉妬の原因に自信は大きく関係してきます。自信がない=不安と言い換えることもできるのですが、恋人が他の誰かを好きになるのではないかという、まだ起きてもいないことに対して不安になったり、悪い妄想をして自信をなくしてしまうことがあります。

嫉妬は怒りの感情ですが、自分を優先してくれていないという寂しさから来ています。自分は愛されているという実感が強い人は、嫉妬が芽生えづらいです。

2つ目は「思い込み」です。

先程の自信がないということにもつながりますが、「恋人が他の誰かを好きなるかも?」とか「私は愛されてないのでは?」など理由もなく不安になり、不安が原因で嫉妬してしまうことがあります。

そのため、特に想像力が豊かな人は思い込みで嫉妬しやすいです。

3つ目は「他人との比較」です。

他の2つは曖昧な原因でしたが、「他人との比較」は非常に明確な嫉妬です。仕事が出来る人間に嫉妬している場合、仕事能力を比較して負けたと思っています。それに対し、年齢が若い人に嫉妬している場合、年齢が若い方がランクが上だと思っています。

このように自分と比較して、潜在的に負けている要素を認めたときのみに「他人との比較」による嫉妬が芽生えます。体裁を気にして行動する人やプライドが高い人は「他人との比較」による嫉妬をしやすい傾向があります。

嫉妬と妬みの違い

先ほどにもご紹介した通り、嫉妬の種類の中に妬みがあります。嫉妬も妬みも、他人の幸せや優れている部分を羨ましく思うことに変わりありません。

では、嫉妬や妬みなど言葉としてよく使われますが、具体的には何が違うのでしょうか?

妬みは自分が持っていないもの(容姿や評価なども含む)を他人が持っていてことを羨む気持ちを言います。一方で嫉妬は、自分が持っているものを他人に奪われそうになるのを取られたくないと思う気持ちを言います。

要するに、自分のものかどうかというところが違いのポイントになってきています。

本当に効く!妬みの具体的な解決策

妬みとは自分が持っていないものを羨む気持ちとご説明しましたが、妬みを否定する必要はございません。妬みは自分のチカラに変わる大事な感情だからです。

良い例として、NHKの番組「あさイチ」では、自分自身が羨ましいと思う人を実際に見に行って自分もモチベーションを上げたという尾上松也さん(歌舞伎俳優)や、自分自身が羨ましいと思う人を細かく研究して自分との違いを明確にし、違いを克服することを目標にしたわたなべぽんさん(漫画家)が紹介されていました。

自分自身が羨ましいと思う人を見たら通常は妬みが芽生えますが、2人はうまく自分のチカラに変えてしました。

では、この2人が特別なのでしょうか?

自分も誰かの言葉を聞いてやる気になったり、尊敬している人の違いを見つけて追いつけるように努力したりしたことはありませんか?やっていることは実は基本的に同じことなのです。

ただし、妬みは自分の中に残りやすい感情ですので、普段の生活で目標を決めて実行するよりも忘れづらいメリットがあります。誰かを妬んでしまうときは成長するチャンスと思うと、気持ちが楽になるかもしれません。

嫉妬とやきもちの違い

嫉妬と比較される感情として妬みだけでなく、やきもちもあります。では、嫉妬とやきもちの違いは何なのでしょうか?

嫉妬とは先ほどもご説明した通り、恋人などの大切な人が第三者に奪われることへの恐れや憎しみを「第三者」に対して抱く感情です。

それに対しやきもちとは、恋人が誰かを好きになってしまうことへの恐れ、その感情が嫌いなことで恋人に対して抱く感情です。

つまり、嫉妬とやきもちの違いは感情を抱く相手が違うのです。

本当に効く!やきもちの具体的な解決策

すごい好きな相手であればあるほど、やきもちはどうしても焼いてしまうものです。やきもちを焼くことによって相手に嫌われないようにいくつか気を付けるポイントがあります。

相手は自分の行動に対して詮索や監視をされることを快くは思いません。質問攻めになってしまう恋人も多いですが、質問攻めは逆効果です。

「誰と遊んでたの?」程度は問題ありませんが、「なにして遊んだの?」とか「どこに行ったの?」とかしつこく聞くと相手は嫌になってしまうかもしれません。

やきもちは相手の心の中にいることを確認出来ると、安心して落ち着いた感情に戻りますので「いいなぁ。私も行きたかったなぁ」など自分の感情を伝えてあげると効果的です。

また、相手に対してやきもちを焼いているので、行動自体を否定してしまうことがあります。

例えば、恋人の遊んだ相手があまりいい噂を聞かない人だった場合、その遊んだ相手の悪口を言ったり、遊んだ場所は面白くないから行かないほうがいいなど余計なことを言ってしまうことがあります。

これも当たり前ですが相手にプラスな訳がありません。こんなときは遊んだ相手が羨ましいなと伝えたり、遊んだ場所に私も行きたいと伝えましょう

なぜなら、恋人だったとしてもずっと一緒にいることは出来ませんので、やきもちを焼いてしまいそうなときは、ちょっとだけでも自分を思い出して欲しいという「けなげさ」をアピールしましょう。

例えば、お土産を選んでいるときはあなたのことを必ず考えます。そのため、思い出してもらうテクニックとしてはお土産を頼むことはとても効果的です。

もちろん、お土産をもらったらちゃんと喜びを伝えましょう。また、自分が出掛けたときもお土産を買ってくると習慣化されて何処かに出掛ける度にあなたのお土産を意識するようになります。その結果、あなたのことも意識されるようになり、一石二鳥です。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です