嫉妬の心理学的意味と原因を徹底解説

スポンサーリンク

嫉妬の種類について

嫉妬しているとき、対象や状況によって、同じモヤモヤでも違うモヤモヤに感じたことはないでしょうか?

これは、嫉妬にも以下の2つの種類に分けられるからなのです。

  • 恋愛関係の嫉妬
  • 優劣関係の嫉妬
これら2つの嫉妬、それぞれの特徴を知ることが出来れば、臨機応変にさまざまな嫉妬に対応することが出来ます。

ここでは、一般的に嫉妬しやすいシチュエーションを恋愛関係と優劣関係に分けてそれぞれの特徴をご紹介します。

恋愛関係の嫉妬の特徴

恋愛関係の嫉妬とは、先ほどご説明した「①人の愛情が他に向けられるのを憎むこと。また,その気持ち。特に、男女間の感情についていう。やきもち。悋気(りんき)。」の嫉妬に当てはまります。

このことから、恋愛関係で嫉妬しやすい人は感情豊かな性格の人が多いです。

そのため、普段からよく妄想をしてしまう人は、独占欲が強くなる傾向があります。これは、恋愛関係での嫉妬をしやすくなることが原因となっています。

独占欲については育ってきた環境も影響します。また、一人っ子の場合は小さい頃から親の愛情を一人で受けて来たので誰かに分け与えることをあまり学んでない子も多いので、独占欲の強い人になってしまう場合があります。

優劣関係の嫉妬の特徴

優劣関係の嫉妬とは、先ほどご説明した「②優れた者に対して抱くねたみの気持ち。ねたみ。そねみ。」の嫉妬に当てはまります。簡単に言うと、敗北を感じて嫉妬してしまうことです。

優れた者と比べられる機会は、学校であったり職場であったり様々なところで誰もが経験があるのではないでしょうか?

例えば学校であれば、同じ部活で勉強する時間が同じくらいの部員同士でテストの点数を比べられたり、会社であれば同期同士で営業成績を比べられたりします。

人は得手不得手がありますので単純に比べられるといい気持ちはしないかもしれません。

しかし、悪いことばかりではありません。自分と他人を比べることによって自分の足りない部分が明確になり、新しい目標を持つきっかけになります。劣等感は強い原動力になりますので成長するチャンスが生まれます。

嫉妬の原因は?

嫉妬は嫌な感情なので、向き合うのは大変です。この嫌な感情を克服するためには、まず嫉妬の原因について知らなくてはいけません。

そもそも嫉妬とは、簡単に言うと自分が傷ついているから起きる感情です。つまり、嫉妬が起きる原因は客観的に自分を見れていないからなのです。

もちろん、客観視することは簡単ではありませんが、嫉妬してしまうときはGIVE&TAKEやGIVE&GIVEの気持ちが薄れてしまっています。

例えば、恋人が大好きで大好きでたまらない人の場合、片思いのときは自分が好きなだけでも幸せだったのに付き合ったら相手からの愛情が欲しくなります。付き合いが長くなっていくと自分の方が愛情が大きいと感じて自分以上の愛情を求めてしまうことがあります。

人は慣れてしまうと当たり前の幸せに気付きにくくなってしまいます。恋愛だけでなく自分が与えたものよりも多くのものを求め、見返りがないときに、自分は愛されていないかもしれないという錯覚を起こしてしまいます。

そのため自分が傷ついてしまい、嫉妬が芽生えてしまうのです。これが嫉妬のメカニズムです。

職場で起きる嫉妬の原因

職場はよく嫉妬が行われている現場です。

職場で起きる嫉妬は出世や昇給が一番多いのではないでしょうか?特に同期や自分より後輩が先に出世や昇給した場合、冷静でいられる人は少ないでしょう。

では、なぜ嫉妬していまうのでしょうか?

例えば、同期社員が上司にゴマすりをして出世したとします。この場合、同期社員が上司に対して裏で行っていた、数々の小さな気遣い、飲みの付き合いなどに自分の予定を潰して行っていた、などのその同期社員の努力を知らないことが多いです。

そのため「あいつは、よくわからないけど好かれててずるい」のように感じて嫉妬してしまうのです。

つまり、自分より能力が上だと思ってしまい、優劣関係の嫉妬をしてしまうことが原因で嫉妬をしてしまうケースが職場の嫉妬では多いのです。

職場で嫉妬しないためにも自分が出来ること、やるべきことを明確にして嫉妬も仕事の力にしてしまいましょう。

恋愛での嫉妬の原因

嫉妬している人の大半は恋愛で起きていると思います。

恋愛での嫉妬の原因は、恋人を誰かに奪われてしまうのではないかという恐れにあります。

この誰かに奪われてしまうのではないかという恐れが相手の愛情を常に確認したいという欲求に変わり、毎日愛してると言ってもらわないと落ち着かなかったり、携帯をチェックしたり妄想で浮気を疑ってしまいます。

特に嫉妬しやすい人の特徴としては異性に対して自分をアピールする方法を知らない人や相手に依存しすぎている人、頭で考えず思ったことをすぐに言葉や態度に出してしまう人が多いです。

友達への嫉妬の原因

たまに、友達へ嫉妬してしまうことがある経験を持つ人は、結構いるでしょう。

友達への嫉妬は、自分にないなにかを持っている人に対して比較してしまい敗北感を感じる、優劣関係の嫉妬をしてしまうことが原因です。

人間関係すべてに言えることかもしれませんが、嫉妬する相手のポイントは3つあります。「スペック・環境・信頼」です。

スペックは容姿や能力のことを表します。自分よりかっこいい・かわいい人と大雑把なことより、自分よりも脚が長いや目が大きい、胸が大きいなど部位を比べてしまう傾向があります。

環境は家庭環境や職場環境などを表します。親や兄弟に愛されてたり、年収の高い仕事につけたり、残業のない会社に勤めてたり、彼氏・彼女がいたりすることなどで嫉妬します。

信頼は他人からの評価を表します。他人からの評価なので客観的に捉えないと間違いだったなんてこともあります。「えこひいき」していると感じることも嫉妬につながっていきます。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です