苦しい嫉妬を完全に克服するための全知識

スポンサーリンク

誰でも1度は他人を羨んだり、妬んだりした経験があるのではないでしょうか。嫉妬は自分では解決するこが出来なく、自分自身がモヤモヤして嫌な気持ちになってしまいます。

そして、すごくやっかいなのが嫉妬は日常に溢れかえっていることです。彼女が他の男性(芸能人など)を褒めたり、友達が新しい洋服を買っていたりとすごく些細なことからでも嫉妬心は芽生えてしまいます。精神科医から言わせれば「自分以外の人がいるかぎり、嫉妬心は必ず芽生えるもの」だそうです。

なかなか消えづらい嫉妬心ですが、実はちょっとしたことで克服することが出来るのです。明日からでもすぐに実践出来る克服法を性別や性格、原因別に合わせて詳しくご紹介します。

嫉妬を克服するためのポイント

さて、嫉妬を克服するには「嫉妬の正体」を十分に理解する必要があります。嫉妬の正体を十分に理解した上で、克服法を実践するといままでの感情が嘘みたいに軽くなるでしょう。

嫉妬はあくまでも自分の問題ということを認識する

嫉妬を克服する上で一番大切なことは自分の問題ということを認識することです。「えっ!相手がいるから嫉妬はうまれるんでしょう?」という声が聞こえてきそうですが、相手と自分を比較して初めて嫉妬が生まれます。

さらに言えば、嫉妬とは相手と自分を比較して「敗北」を認めたときのみ生まれます。

まずは相手と自分を比較すると嫉妬が生まれやすいことを意識しましょう。

周りを見渡せるくらいの余裕を持つ

嫉妬するときは大抵、相手と自分の比較です。1対1の関係しか見てないことが多いのです。「羨ましいな。(友達の名前)の彼氏は優しくて。それに比べ、私の彼は・・」など友達の彼氏と自分の彼氏を比べることに嫉妬が生まれています。

では、彼氏がいない友達とあなたを比べてください。あなたは幸せではありませんか?

実は嫉妬は目の前のことだけでなく周りを見渡せる余裕を持つことによって克服することも出来るのです。

考える時間をなくす

なかなか消えづらい嫉妬心ですが、他の行動をすることによって忘れてしまうことも有効な克服法です。例えば、仕事やプライベートのどちらでも構いませんが、疲れ果てるほど忙しくしましょう。

それほどまでに集中することで思い出す余裕がなくなり、また別の記憶が上書きされ思い出すことも少なくなります。体を動かしたり、カラオケで大声を出すことなど一時的に嫉妬した出来事を忘れることで、無理にでも今まで悪く考えている思考回路を一度リセットすると客観的に物事を見やすくなります。

一度リセットされた感情は以前よりも余裕を持つことが出来て嫉妬を克服することが出来ます。

原因別!嫉妬の克服法

嫉妬の原因は三者三様だと思いますが、すべての嫉妬には原因があります

すべての嫉妬に共通する構造として「本当に求めていること」と「主観的に感じていること」が違うということがあります。
引用:ドロドロした嫉妬がスーッと消える本 著者:水島広子

日常で起こりやすい嫉妬を2つの観点から見てどのように克服すると効果的かご紹介します。是非、自分の嫉妬の原因と近い理由から克服法を探してみてください。

優劣関係の嫉妬の場合

優劣関係の嫉妬は職場などで起きやすいのではないのでしょうか。例えば、入社3年目の社員が新卒社員に営業成績で負けてしまい、新卒社員に対して嫉妬心を燃やすことはよくありそうです。

すべての嫉妬に共通する構造として「本当に求めていること」と「主観的に感じていること」が違うと先ほどお伝えしましたが、この場合はどのようになるのでしょうか。

「本当に求めていること」=「周りから見下されたくない」「仕事で認められたい」など
「主観的に感じていること」=「新卒社員への憎悪」

嫉妬の原因を理解し、本当に求めていることを理解すると新卒社員と比べるのではなく自分自身の仕事を見直すことになり、仕事を頑張ることで嫉妬を克服出来るのではないでしょうか。本当に求めていることを冷静に考えて嫉妬を克服してみましょう。

恋愛関係の嫉妬の場合

恋愛関係の嫉妬は皆さんも少なからず経験があるのでないでしょうか。例えば、好きな人が異性と話しているのを見て嫉妬したり、デートより友達を優先されて嫉妬したりします。

もしかしたら恋愛と嫉妬は切っても切れない関係かもしれません。恋愛の場合も「本当に求めていること」と「主観的に感じていること」の違いから克服法を探してみましょう。

「本当に求めていること」= 「恋人から愛されている実感」
「主観的に感じていること」=「友達や異性への憎悪」

恋愛の場合は関係が深いため、独占欲が強い人もいます。嫉妬する時に恋人と一緒にいた時間や恋人からもらったプレゼントなどを見て愛を再確認することで気持ちを落ち着かせることが可能となり、恋愛関係の嫉妬を克服できるでしょう。

男女別!嫉妬の克服法

相手の気持ちがわからなくて不安を感じてしまうこともありませんか。特に恋人やパートナーだと余計に不安になってしまいます。実は男性と女性では考え方が全く違うのですべてを理解し合うのは難しいかもしれません。

ただし、男性、女性特有の気持ちや考え方を知っているだけでも嫉妬は軽減されるのではないでしょうか。男女別に嫉妬克服法をご紹介しますので恋人、パートナーの理解に役立てください。

男性の嫉妬の場合

女性と違って男性はサバサバしてると思っていませんか。実は男性の嫉妬は女性の嫉妬より怖いかもしれません。遊ぶ相手やメールの相手を気にしたり、男性の男友達を褒めたりすると急に態度がかわったりすることがありませんか?

実はこれが男性の嫉妬です。男性は比較されること(さらに比較されて負けること)を女性以上に嫌います。さらに面倒なのが嫉妬していることを隠す傾向にあります。

遊ぶ相手やメールの相手を把握することによって自分より優れている人と連絡していないことを確認したかったり、自分の友達でさえ負けていないとアピールしてきます。

男性の嫉妬を和らげてあげる克服法としては「自信を持たせてあげること」です。男性は常に誰かと比較して劣っているのでないかと不安になっています。恋人やパートナーが「大好き」「あなたでなければ出来ないね」「ありがとう。あなたのおかげよ」など頼りにすることで男性は安心できます。この安心感が他の人との比較で優位だと自覚出来るのです。

女性の嫉妬の場合

男性の嫉妬は自分が誰かに負けているのではないかという不安からでしたが、女性の嫉妬はどのような嫉妬でしょうか。

女性の嫉妬は感情的になりやすい傾向があります。男性とは違い、女性の場合は嫉妬心を抑えきれず暴言を吐いてしまうこともあります。女性は女性のレベルを判断し格付けし合あい「相対的な幸福度」を優先します。例えば自分と同じレベルの女性が大金持ちの男性と結婚すると嫉妬してしまします。

そのため、嫉妬対象を一緒に悪口を言う仲間を作り共感し合い、ストレスや不満を発散します。女性も同じように「あなたが特別だよ」とオンリーワンと伝えてあげることで自信が生まれ、嫉妬が軽減されるのではないでしょうか。

ただし、自分の嫉妬の心を完全に抑えるということは難しいので、感情を爆発されることが出来る場所(カラオケなど)で発散されるようにすることも克服法の一つです。また、恋人やパートナーは女性の話を聞くときはしっかりと聞いているという安心感を与えるために目を見て話すことを意識すると効果的でしょう。

特徴別!嫉妬の克服法

原因や男女別の嫉妬の克服法をご紹介してきましたが特徴や性格でも嫉妬の克服法が変わってきます。誰でも多かれ少なかれ承認欲求や自信がない部分はあるのではないでしょうか。この2つの特徴・性格が他の人と比べ少し強い人は嫉妬し易いかもしれません。

自分のことかもと思った方は克服法を参考にして試してみましょう。

承認欲求が強い人の場合

承認欲求
”人間は他者を認識する能力を身につけ、社会生活を営んでいくうちに、「誰かから認められたい」という感情を抱くようになる場合が多い。この感情の総称を承認欲求という。
ひとつは他人から認められたいという欲求であり、もうひとつは自分の存在が理想とする自己像と重なるか、あるいはもっと単純に今の自分に満足しているか、という基準で自分自身を判断することである。前者を他者承認と呼び、後者を自己承認と呼ぶ。”

引用:Wikipedia

承認欲求は誰しも持っていて動機として全く悪くないと思いますが、承認欲求が強くなりすぎて満たされずに苦しむのはもったいないです。承認欲求には他人から認められたいと思う欲求と自分の理想に近づきたいという欲求があります。どちらが満たされやすい欲求でしょうか。

他人はコントロールしようがありませんが自分の理想であれば自分で決めることが出来ます。承認欲求が強い人は「ライバルに勝つ」という目標を立てるのではなく「先月よりも良い結果を残す」など比較対象を自分自身にすることによって自己承認が満たされて嫉妬せずに済みます。

自信がない人の場合

自身がない人は「どうせ自分なんて」とすぐに自分を蔑んでしまいがちです。また、ネガティブ思考の人も多く、他人と比べてすぐに劣等感を感じてしまいます。他人と比べることで嫉妬が芽生え、さらに自信をなくす負のループになってしまいます

では自信がない人が嫉妬を克服するためにはどうすればいいのでしょうか。

結論は「自信を持つこと」です。「それができないから困ってるんだよ!!」とお怒りの言葉を頂きそうですが、実は誰でも簡単に実践出来る自信を持つ方法があります。
それは「メタ認知」です。

メタ認知
”メタ認知(メタにんち)とは認知を認知すること。人間が自分自身を認識する場合において、自分の思考や行動そのものを対象として客観的に把握し認識すること。それをおこなう能力をメタ認知能力という。”

引用:Wikipedia

いざ、実践してみるともうひとりの自分に話しかけることは意外に難しいです。簡単なトレーニング方法として鏡の自分に対して褒めたり、励ましたり、一緒に喜んだりすることがおすすめです。

すぐに自信が付くわけではありませんが、今からでもすぐに出来る克服法ですので是非、試してみてください。

スポンサーリンク

嫉妬はウラナの無料占いでラクラク克服



嫉妬はどうしても1人で考えてしまいがちですが、最も効果的に嫉妬を克服するためには誰かに相談することも大切です。
そのため、占い師にしっかりとしたアプローチをしてもらうことによって、心が軽くなることは間違いないです。
しかし、占いも怪しいところがたくさんあり、どれを選べばいいかわかりませんよね。

そこで、弊社が50以上もの占いを利用してみた結果、最もおすすめだったのが『ウラナ』です。
あの「ルナルナ」を運営している会社の占いサービスなので安心して使うことができ、正しく嫉妬を克服できます。
今だけ初回は無料で占うことができるので、必ず使うべき占いサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です