苦しい嫉妬を完全に克服するための全知識

スポンサーリンク

誰でも1度は他人を羨んだり、妬んだりした経験があるのではないでしょうか。嫉妬は自分では解決するこが出来なく、自分自身がモヤモヤして嫌な気持ちになってしまいます。

そして、すごくやっかいなのが嫉妬は日常に溢れかえっていることです。彼女が他の男性(芸能人など)を褒めたり、友達が新しい洋服を買っていたりとすごく些細なことからでも嫉妬心は芽生えてしまいます。精神科医から言わせれば「自分以外の人がいるかぎり、嫉妬心は必ず芽生えるもの」だそうです。

なかなか消えづらい嫉妬心ですが、実はちょっとしたことで克服することが出来るのです。明日からでもすぐに実践出来る克服法を性別や性格、原因別に合わせて詳しくご紹介します。

嫉妬を克服するためのポイント

さて、嫉妬を克服するには「嫉妬の正体」を十分に理解する必要があります。嫉妬の正体を十分に理解した上で、克服法を実践するといままでの感情が嘘みたいに軽くなるでしょう。

嫉妬はあくまでも自分の問題ということを認識する

嫉妬を克服する上で一番大切なことは自分の問題ということを認識することです。「えっ!相手がいるから嫉妬はうまれるんでしょう?」という声が聞こえてきそうですが、相手と自分を比較して初めて嫉妬が生まれます。

さらに言えば、嫉妬とは相手と自分を比較して「敗北」を認めたときのみ生まれます。

まずは相手と自分を比較すると嫉妬が生まれやすいことを意識しましょう。

周りを見渡せるくらいの余裕を持つ

嫉妬するときは大抵、相手と自分の比較です。1対1の関係しか見てないことが多いのです。「羨ましいな。(友達の名前)の彼氏は優しくて。それに比べ、私の彼は・・」など友達の彼氏と自分の彼氏を比べることに嫉妬が生まれています。

では、彼氏がいない友達とあなたを比べてください。あなたは幸せではありませんか?

実は嫉妬は目の前のことだけでなく周りを見渡せる余裕を持つことによって克服することも出来るのです。

考える時間をなくす

なかなか消えづらい嫉妬心ですが、他の行動をすることによって忘れてしまうことも有効な克服法です。例えば、仕事やプライベートのどちらでも構いませんが、疲れ果てるほど忙しくしましょう。

それほどまでに集中することで思い出す余裕がなくなり、また別の記憶が上書きされ思い出すことも少なくなります。体を動かしたり、カラオケで大声を出すことなど一時的に嫉妬した出来事を忘れることで、無理にでも今まで悪く考えている思考回路を一度リセットすると客観的に物事を見やすくなります。

一度リセットされた感情は以前よりも余裕を持つことが出来て嫉妬を克服することが出来ます。

原因別!嫉妬の克服法

嫉妬の原因は三者三様だと思いますが、すべての嫉妬には原因があります

すべての嫉妬に共通する構造として「本当に求めていること」と「主観的に感じていること」が違うということがあります。
引用:ドロドロした嫉妬がスーッと消える本 著者:水島広子

日常で起こりやすい嫉妬を2つの観点から見てどのように克服すると効果的かご紹介します。是非、自分の嫉妬の原因と近い理由から克服法を探してみてください。

優劣関係の嫉妬の場合

優劣関係の嫉妬は職場などで起きやすいのではないのでしょうか。例えば、入社3年目の社員が新卒社員に営業成績で負けてしまい、新卒社員に対して嫉妬心を燃やすことはよくありそうです。

すべての嫉妬に共通する構造として「本当に求めていること」と「主観的に感じていること」が違うと先ほどお伝えしましたが、この場合はどのようになるのでしょうか。

「本当に求めていること」=「周りから見下されたくない」「仕事で認められたい」など
「主観的に感じていること」=「新卒社員への憎悪」

嫉妬の原因を理解し、本当に求めていることを理解すると新卒社員と比べるのではなく自分自身の仕事を見直すことになり、仕事を頑張ることで嫉妬を克服出来るのではないでしょうか。本当に求めていることを冷静に考えて嫉妬を克服してみましょう。

恋愛関係の嫉妬の場合

恋愛関係の嫉妬は皆さんも少なからず経験があるのでないでしょうか。例えば、好きな人が異性と話しているのを見て嫉妬したり、デートより友達を優先されて嫉妬したりします。

もしかしたら恋愛と嫉妬は切っても切れない関係かもしれません。恋愛の場合も「本当に求めていること」と「主観的に感じていること」の違いから克服法を探してみましょう。

「本当に求めていること」= 「恋人から愛されている実感」
「主観的に感じていること」=「友達や異性への憎悪」

恋愛の場合は関係が深いため、独占欲が強い人もいます。嫉妬する時に恋人と一緒にいた時間や恋人からもらったプレゼントなどを見て愛を再確認することで気持ちを落ち着かせることが可能となり、恋愛関係の嫉妬を克服できるでしょう。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です