辛口でおいしい日本酒ランキング

きりっと引き締まった辛口のお酒がお好みの方も多いと思います。美味しい日本酒と言ったら辛口、そんな風に考えている方も多いと思います。
辛口の日本酒、といえば、今も昔も日本酒好きにはとても人気が高いですね。

辛口の日本酒も、沢山あります。その中でも、美味しくて辛口の日本酒のお勧めを上げてみました。
辛口日本酒がお好きな方は、是非見つけたらお試しになってみてはいかがでしょうか?

 

辛口の日本酒の定義

辛口の日本酒、といっても、実際に、舌で感じて辛いわけではありません。日本酒の辛口は、後味のキレの良さやドライな飲み口という表現をします。これらは、実際に辛いのではなく、日本酒度がプラスに傾いている日本酒が「辛口の日本酒」の味わいを持っていると言われています。

けれど、一概に日本酒度が高ければ辛いという訳ではなく、他にも、香りや酸味、風味といった要素の結果が、辛口の日本酒を作り上げている事になります。

実際、日本酒度が低くても、美味しくて辛口の日本酒はあります。

 

美味しい辛口日本酒ランキング

1位:春鹿/純米酒 超辛口

日本酒度:+12(大辛口)

日本酒度が+12、と高い日本酒度を誇り、「超辛口」と銘打っている、インパクトの強い日本酒です。「辛口日本酒の王道」と言われている逸品です。

辛いだけではなく、余計な刺激も雑味もなく、深みとコク、重厚感のあるキレ、そしてまろやかさを持った、伝統ある技術が生んだ究極の辛口日本酒です

 

2位:剣菱/黒松剣菱

日本酒度:+0.5(普通)

手ごろな価格で楽しめる日本酒として、辛口の日本酒ファンの間で愛され続けている、昔からの辛口日本酒です。

その辛さは、アルコール感のあるピリリとした刺激で、まさに伝統的な辛さと言えるものです。

日本酒度だけをみれば、辛口、というよりも中口、といった所ですが、山廃仕込みで造られたコクのあるこの味わいは、辛口日本酒の舌をうならせる、王道の味わいです。

 

3位:刈穂/山廃純米 超辛口

日本酒度:+12(大辛口)

刈穂蔵に伝わる山廃仕込みの手法で、もろみを極限まで長期低温発酵して造られた超辛口の純米酒です。

その味わいは、辛さだけではなく、凝縮された上質の旨味も兼ね備え、表示されている日本酒度よりもやや飲みやすい辛口です。

もともとは、絞り機の空きがなく、空くまで、醸造を終えた純米酒が待機していたところ、その間に発酵が進みすぎ、日本酒度が+20以上になってしまった、という失敗作だそうです。けれど、飲んだら辛口で非常に美味しい、という事で製品化されたとか‥‥

 

4位:銀嶺立山/本醸造

日本酒度:+5(辛口)

強い辛口ではないものの、万人にお勧めできる辛口の日本酒です。端麗の味わいとキレの良さ、微かな心地よい芳酸香を持つ、品のある辛口です。

スッキリとした味わいは、庄川の恵みから造られています。

辛口ながらの飲みにくさはなく、軽快な味わいは何度も杯を重ねてしまう

口当たりは滑らかで、淡麗でありながらキレのよく、爽快感と程よいコク、上品さを併せ持つ高品位の辛口です。淡く、軽快な味わいは、気が付くと杯を重ねているような、飲み飽きない美味しさです。

 

5位:酔鯨/特別純米

日本酒度:+7(大辛口)

蔵元が「究極の食中酒」を目指して作り上げた特別純米酒です。

精米歩合55%まで磨き上げた米を、吟醸酒と同様の作り方で、低温でじっくりと作り上げられた純米酒です。香りは少なく、酔鯨独特の酸味とキレのある辛口の日本酒です。

しっかりとした飲み応えもあり、さっぱりとした飲み口で、日常の家庭の味にも合う、自然に飲むことが出来る美味しい純米吟醸酒です。