本当においしい人気の日本酒まとめ

本当に美味しい日本酒、とはどんな日本酒なのでしょう?

流行廃りに振り回されることなく、いつの時代にも愛される日本酒、日本酒を語る上で欠かせないような個性と美味しさを持った日本酒・・それが本当に美味しい日本酒なのかもしれませんね。

ここでは、そんな「美味しい日本酒」を厳選して選んでみました。知名度や人気、大吟醸や純米に関わりなく、本当に美味しいと思われる日本酒のラインナップです。

店先で見かけたら、是非チェックしてみて下さい。

 

獺祭/純米大吟醸50

「美味しい日本酒」を語る上で、欠かせない存在となったのが、この「獺祭」です。
今や、インターネットの検索ランキングでも不動の1位を獲得し続けています。

「獺祭」を造っている「旭酒造」は、「旭富士」という日本酒が定番でしたが、1990年、「獺祭」と名前が変更されました。

『酔うため 売るための酒でなく 味わう酒を求めて』というコンセプトを元に、ひたすら美味しい日本酒を追求し続けています。

その結果、淡麗辛口が美味しい日本酒の条件だった頃、その日本酒の幅広さや奥行きを世に示したのが、この獺祭です。

日本酒とは思えない程のフルーティーさとスッキリとした味わいが、この「獺祭」の魅力です。

 

黒龍/逸品

福井県にある黒龍酒造は、高級日本酒を造っている酒造です。

その中でも、この「逸品」は、「普通酒」と言われる、最も下のランクの日本酒です。お値段も、他の銘柄と比べたらお手頃な価格です。

しかし、「こんなに美味しい日本酒があったのか」と、多くの日本酒ファンを感動させた一品です。

大吟醸のような華やかさも濃厚さもありませんが、それでも、普通酒とは思えない柔らかい味わいとまろやかさは、群を抜いています。黒龍酒造の底時からをひしひしと感じる逸品です。

 

醸し人九平次/純米大吟醸 山田錦50%

平成9年、彗星のように現れた日本酒、それが「醸し人九平次」です。日本酒ファンの間で注目を集めているこの「醸し人九平次」は、インターネット通販でも販売規制がされるほど、手に入りにくくなっている人気銘柄です。

山田錦を50%になるまで磨き仕上げられた純米吟醸酒は、まろやかな甘さと山田錦独特の甘みを兼ね備えた日本酒です。その味わいは、パリの三つ星シェフにも認められ、今や海外からも注目を集めている逸品です。

 

田酒/特別純米

この「田酒」は大吟醸や吟醸酒ではない、純米酒ですが、その味わいは他の特別純米酒よりも遙かに抜きん出ています。

田酒、という名前の由来は、その名前の通り「田んぼ以外の生成物は酒に入れない」という考えが元になっています。

「原点に帰り、風格ある本物の酒を造る」をコンセプトに、代々伝わる昔ながらの手法で醸造をしてます。その味わいは、まさに「旨味はあれど雑味なし」言われています。

 

出羽桜/桜花吟醸 火入れ

吟醸酒ファンの間では、知らない人がいない程の人気銘柄です。

50%にまで精米した美山錦の華やかな香りと端麗でふくよかな味わいをもって、吟醸酒の素晴らしさを世間に示した銘柄です。

出羽桜にはいくつか種類がありますが、無名だった出羽桜の名前を全国に知らしめたのが、この「桜花吟醸 火入れ」で、市販吟醸酒のパイオニアとも呼ばれている存在です。

 

飛露喜/純米大吟醸

「ひろき」と読みます。幻の日本酒、と呼ばれるほど、入手困難な日本酒です。そしてこの日本酒を飲んだ人は、口をそろえて、「入手困難な理由」を納得するそうです。予約をしてまで入手する程、「飲みたい」と思わせる逸品なのです。

「濃密な透明感のある、存在感のある酒を造りたい」とは、蔵元の言葉です。その言葉の通り、存在感があります。味わいは濃く、旨味もあり、切れの良い日本酒で、飲みにくさもありません。機会があれば是非一度飲んでいただきたい一本です。

 

雪の茅舎/純米吟醸

理想の日本酒を造るために、杜氏や蔵人が酒造好適米を作り、酒造りをしている・・そんな酒蔵で生まれた純米吟醸酒です。

香りは穏やかでフルーティーで、吟醸酒らしい、しっかりとした米の香りも感じるお酒です。品評会では数多くの賞を受賞し、また、日本の航空会社の国際便でも取り扱い実績があり、その味も存在感も認められている日本酒です。

 

開運/純米吟醸 生原酒 伝

「開運」は、年に一度しか瓶詰めされないため、中々手に入らない日本酒ですが、一度は飲んでみたい、そう思わせる逸品です。

原酒ならではの力強さを持ち、なおかつマイルドで、味に深みがあります。

原酒がお好きな方は、是非一度飲んでいただきたい日本酒です。
味わいはマイルドさと、生原酒ならではの力強さの両方のバランスが良く、味に深みがあり飲みやすいです。原酒ならではの力強さをもちながら、飲んでみると、それほど重さを感じず、飲みやすい日本酒です。

 

くどき上手/純米吟醸

日本酒好きの中では知らない人はいない、とも言われている「くどき上手」。その中でも最もポピュラーな日本酒です。口当たりはマイルドで優しく、飲み手を選ばぬ、万人に愛される味です

その美味しさから、人気が広まり、今の知名度が出来上がりました。

その香りは華やかで香り高く、なにより、他の日本酒にはない品があります。まだ飲んだことのない方は、是非一度、飲んでみてその魅力を楽しんで下さい。

 

天狗舞/山廃純米大吟醸

「山廃といえば天狗米」。米の旨味とフルーティーな香りを引き出す、独自の山廃造りの日本酒です。穀物からとれたとは思えない程の甘さと、芳醇さが漂う日本酒は、まさにお勧めの逸品です。

やや辛口ですが、独特のピリピリした感じはないので、口の中では独特の甘みを感じながらも、喉を通ると辛口という、一杯で様々な味わいを見せてくれます。