本当においしいノンアルコール日本酒まとめ

昨今、飲酒運転に対する罰則の強化や、健康に対する関心などの社会事情がきっかけになって、さまざまな飲料メーカーがノンアルコール飲料を作り始めました。

日本酒業界も同様に、「ノンアルコール日本酒」の販売を始めました。

ノンアルコール日本酒なんて日本酒じゃないわ! と思う方も多いかもしれませんが、日本酒の味わいを保ちつつ、アルコール度数が1%未満という条件の下で、各酒造会社も工夫を凝らして、美味しいノンアルコール日本酒を造っています。

そんなノンアルコール日本酒を紹介していきたいと思います。

 

ノンアルコール日本酒って?

世間に出回っているノンアルコール飲料は、アルコール度数1%以下の飲料の事をいいます。

酒税法によると、アルコール度数1%未満の飲み物は酒ではない、という解釈があり、ノンアルコール日本酒というジャンルの日本酒が存在しています。

その作り方は2種類あります。1つは、酒からアルコール成分を蒸留させたりろ過したりして取り除く方法で、もう1つは、糖分を減らしたり発酵を途中で止めたりして、アルコール転化しない酵母を使用する方法の2種類です。ノンアルコール日本酒とはいえ、その造り方は、普通の日本酒とさほど変わらないようです。

ノンアルコールとはいえ、1%はアルコールが入っているので、お子様やお酒に弱い方は酔っぱらう危険性もありますし、妊婦さんにもおすすめできません。

いずれにしても、お飲みになるときは、ご自身の体と相談して飲むようにしましょう。

 

零の雫

福光屋が造っているノンアルコール日本酒です。この福光屋は、「宴会気分」という日本初のノンアルコール日本酒を作り出した酒造です。その独自製法、「トリプルゼロ醗酵」によって造られた、アルコール0%の純米酒風飲料です。ノンアルコールとはいえ、日本酒に近い醸造方法をとっているのえ、その味わいは日本酒とさほど変わりません。

日本酒の醍醐味ともいえる旨味、アルコール0%。そして添加物不使用を実現した日本酒です。

味わいは、なめからな口通りと優しい甘みがあり、日本酒の醍醐味ともいえる旨味もしっかりと持ち合わせています。

アルコールを控えている方で日本酒がお好きな方に、ぜひ飲んでいただきたい1本です。

 

フリー

大手日本酒メーカの月桂冠が造っているアルコール0%以下の日本酒です。

時期的には、零の雫の後に出てきたノンアルコール日本酒です。

独自製法により、日本酒らしい味わいと香りを再現したノンアルコール日本酒です。

これは是非、零の雫と飲み比べて、その味わいの差を比較してもらいたいと思います。

 

白い銀明水

佐々木酒造が、4月から9月の間に限定発売しているノンアルコール日本酒です。

京都市産業技術研究所、京都大学、京都府立大学、京都府農林水産センター他多数の機関によって共同研究によって開発された、米と米麹が原料の、にごり酒風のノンアルコール飲料です。

由来の旨みと甘みの他に、梅エキスの酸味も入っており、ほのかに甘くすっきり爽やかな飲み口です。

期間限定ということもあって、なかなか入手困難なノンアルコール飲料のようです。

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます