おいしいスパークリング日本酒おすすめランキング

日本酒にはさまざまな種類がありますが、一番、若い人に受け入れられている日本酒は、このスパークリング日本酒ではないでしょうか?

最近は、宝酒造の「澪」や、一ノ蔵酒造の「すず音」のように、若い人向けに造られたスパークリング日本酒もありますが、そもそもスパークリング日本酒って、何なのでしょう?

 

スパークリング日本酒の製法

スパークリング日本酒は、その製法で、3つの種類に分けられます。

まず一つは、瓶内二次発酵方式です。

この方法は、ワインのシャンパーニュと同じ製法です。
アルコール発酵が止まっていない麹を、そのまま瓶に詰めたものです。すると瓶の中で発酵がさらに進み、炭酸ガスが瓶の中に閉じ込められます。出荷した後も、発酵が進み続けているので、保存方法によっては栓が抜けて中身が出てきてしまうこともあります。

また、日本酒は生きた状態で発酵が続くので、要冷蔵となります。

二つ目の方法は、炭酸ガス注入方式です。

この方法は、日本酒に炭酸ガスを加えることによってできる発泡日本酒です。宝酒造の「澪」がこの手法のスパークリング日本酒となります。二次発酵の手間もなく、安く発泡日本酒を製造することができます。
瓶内二次発酵方式のように、発酵が続いてしまうこともなく、品質が安定しているので、常温保存が可能です。

3つ目は、活性にごり酒という方法です。

これは、一つ目の瓶内二次発酵方式と似ています。
発酵中の日本酒をろ過せずに、菌が生きている状態のままで瓶詰めされた日本酒です。
これは、一ノ蔵酒造の「すず音」がこの手法になります。もろみが酒の中に混ざっている状態で瓶詰めされるので、にごり酒に炭酸が入っている雰囲気になります。
瓶内二次発酵方式同様、瓶の中で発酵が進んでいるので、要冷蔵となります。

 

気になる、スパークリング日本酒のおすすめランキング

1位:田酒/外ヶ濱 特別純米 FLOWER SNOW

瓶内二次発酵方式でつくられたこのスパークリング日本酒は、細かくはじけるような炭酸と、フルーティーな吟醸酒ならではの香りが印象的な日本酒です。

スパークリング日本酒はどんな味なの? そんな疑問に答えてくれるようなスパークリング日本酒が、まさにこの日本酒です。

炭酸が強いので、栓を開けるときは注意が必要ですが、それもスパークリング日本酒の楽しみの一つといえましょう。

是非、スパークリング日本酒に興味を持った方に、味わっていただきたい1本です。

 

2位:獺祭/発泡にごり酒 50

朝日酒造が作っている、獺祭のスパークリングです。

瓶内二次発酵方式で作られているこのスパークリング日本酒は、普通の日本酒同様、アルコール度数15度に、にごり酒の味わいとコク、きめ細かくて強い炭酸といった、スパークリング日本酒の王道のような一品です。

純米酒独特の甘みと炭酸で、するすると飲めてしまう日本酒です。

日本酒好きの方にもお勧めできるスパークリング日本酒です。そしてこのスパークリング日本酒は「炭酸が抜けても美味しい」とも言われています。まさに獺祭らしい一言ですね。

飲むときは、少し残しておいて、炭酸が抜けた日本酒もぜひ味わっていただきたい1本です。

 

3位:梵/プレミアムスパークリング 山田錦

贈り物や、自分へのご褒美のように、ワンランク上のスパークリング日本酒ならば、この日本酒がおすすめです。

精米歩合を20%までに仕上げられた山田錦を使って、瓶内二次発酵方式で仕上げられた「梵」。美味しくないわけがない一本です。

また、日本大使館でふるまわれた日本酒としても有名です。海外でも知られている高級スパークリング日本酒、といえます。

ただ、味はおいしいのですが、お値段が高く、気軽に飲めるスパークリング日本酒、とは言えないところが難点です。

 

4位:五橋/ねね 発泡純米酒

瓶内二次発酵方式で造られたこの日本酒は、優しい発泡感とほのかな甘み、さわやかな酸味のバランスが良い日本酒です。

フルーティーでさっぱりとした味わいな上、アルコール度数も6%と低めですので、日本酒が苦手な女性にもお勧めできる一本です。

甘みはありますが、甘ったるさはなく、さっぱりとした甘さとさっぱりとした後味で、つい、飲みすぎてしまう1本です。

 

5位:八海山/発泡にごり酒

精米歩合60%の、純米吟醸の同じクラスの品質で、フルーティーな香りと滑らかな舌触りが心地よい一本です。

品質の高さと、720mlで1600円前後というコストパフォーマンスで、手軽に飲めるところがこの八海山の最大の魅力です。

気軽に、手軽に、美味しいスパークリング日本酒を毎日楽しみたい、という方に是非お勧めしたい1本です。

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます