彼氏が嫉妬する心理と女性の許容範囲について

スポンサーリンク

彼氏が彼女に嫉妬してしまうことは、好きであれば当然の感情かもしまれません。

男性脳と女性脳があるように、彼氏の嫉妬のポイントは女性が考えている嫉妬とは少し違うようです。

彼氏が嫉妬する心理は女性の嫉妬とどう違うのか?嫉妬するラインの許容範囲は一体どこまでなのか?について原因や具体例を含めご紹介していきます。

彼氏の嫉妬とは?

彼氏は彼女に対して嫉妬したとき、どのような態度や行動を取っているのでしょうか。

男性の行動は比較的わかりやすいかもしれません。急に無口になったり不機嫌になったりします。

他にも、自分が嫉妬しているので彼女にも嫉妬させたいと異性の話をしたり、自分は素敵な人とアピールするための武勇伝を語ったりします。

例えば彼女が彼氏の知らない大学の友人とバーベキューをしたいと彼女が言い出したら彼氏は嫉妬するでしょう。

彼氏はバーベキューを一緒にすることに対して嫉妬するのではなく、自分が知らない友人に時間を使う彼女に嫉妬しています。

特に約束をしているわけでもないのに知らない友人に敗北感を覚えるのです。身勝手ですが男性はこのような感情になることが多いようです。

以下の2記事により詳しいことを書いていますので、さらに深く知りたい方はご参考にしてください。

嫉妬の心理学的意味と原因を徹底解説

2017.02.03

男性の嫉妬を攻略するための全知識

2017.01.24

彼氏の嫉妬の原因

嫉妬するとわかりやすい行動をする男性が多いのですが、事前に嫉妬する原因を理解していれば彼氏の感情をコントロールできちゃうかもしれません。

彼氏の嫉妬の原因は「とにかく彼女を誰かに奪われたくない」ということです。友達であっても家族であっても彼女を取られることを恐れています。

男性は独占欲が強いのです。狩りをしていた時代の名残もあるのかもしれません。自分の獲物を他の誰かに取られたくないという気持ちから独占欲につながっているのでしょう。

また、狙われていると常に思っているので彼女が異性と話しているだけで、彼女のことを好きなのではと心配になってしまいます。

男性の浮気は体の浮気なので、彼女が誰かに触られることなども嫉妬の原因になります。

彼氏の嫉妬の心理

彼氏が嫉妬しているときは常に外敵から彼女を守ろうとしています。

たとえ自分の仲の良い男友達だったとしても警戒します。自分の知らない男性であれば尚更です。

嫉妬する相手は男友達や相手の男性だったりしますが、このときの感情は彼女に対してもネガティブな感情を持っている場合があります。

「お前を狙っている男性(思い込みの場合が多い)に対して優しく話しなんかするんじゃないよ。」とか「隙を見せるから言い寄られるんだ」とか彼女に非がない場合でも彼女に対してネガティブな感情を持ってしまいます。

どこまで許せる?彼氏の嫉妬のアリとナシ

嫉妬はしない方がいいと思いますが、全く嫉妬されないのは本当に愛されているのか不安になってしまいますよね。

女性は異性との関係とドライに考えている人も多いので男友達を男性としてまったく見ていないこともありますが、男性からしてみれば嫉妬の対象になります。

彼氏の嫉妬はどこまでだったら愛情として捉えてもらえるのでしょうか?人によって違いはあると思いますが嫉妬のアリ・ナシの具体的な事例でご紹介します。

彼氏の嫉妬のアリ

嫉妬はされて嬉しいという人もいますが、軽い嫉妬が嬉しい嫉妬だと思います。

彼女がここまではアリ、と思っている行動をご紹介します。

  • 電話鳴ってるよ。仕事?
  • 芸能人への軽い嫉妬
  • 友達といるときの連絡
上記のような心配はしているけど詮索まではしない、相手のプライベートを守ろうとすることが大事です。

同じような行動でも行き過ぎた行動になると、嫉妬のナシの部類になってしまいます。

彼氏の嫉妬のナシ

細かいな行動まで把握しようとしたり、聞かなくてもいいことを無理に聞いてくるような嫉妬は相手にネガティブな印象を与えます。

彼女がここからはナシ、という行動をご紹介します。

  • 誰から電話?などの詮索
  • 今日の飲み会は男は何人くらいくるの?
  • 芸能人への本気の嫉妬
  • 友達といるときに頻繁に連絡してくる

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です