恋人への嫉妬の特徴とその対処法まとめ

スポンサーリンク

大好きな彼氏や彼女にとって自分が特別であって欲しいと思うことは当たり前ですよね。

嫉妬してしまうのは愛情のしるしという方もいるかもしれません。確かにそういう一面もありますが、嫉妬するのはしている方もされている方もあまり気分がいいものではありません。

大好きな恋人だからこそ気持ちよくお付き合いしていきたいですよね。

今回はせっかく恋人になったのだから気持ちよくお付き合いするための嫉妬対処法を恋人への嫉妬の特徴を踏まえながらご紹介していきます。

恋愛において嫉妬しやすい人とは?

嫉妬は仕事や友達の間でも芽生えてしまう感情ですが、一番多いのが恋愛の嫉妬ではないでしょうか。

恋愛において嫉妬しやすい人の特徴はいくつかありますが代表的な例を3つご紹介します。

プライドが高い人

プライドが高い人は常に周りにいる異性と自分自信を比べてしまいます。

ただ比べて自分の弱点を知り、成長につなげるのであれば嫉妬が芽生えることはありません。

しかし、プライドが高い人は承認欲求も高い人が多く、異性と自分自身を比べて、その評価を恋人に求めてしまいます

恋人があなたを否定してしまったり、そのような態度を取ってしまうとプライドが高い人は「他の異性に自分が負けるなんて許せない!」という気持ちになり嫉妬心が芽生えます。

打ち込める仕事や趣味がない

打ち込めうる仕事や趣味がない人は恋人に依存しやすい傾向があります。ですのでこの特徴の方は恋愛依存症になる可能性もあります。

他の打ち込めるものがないと楽しい時間を過ごす恋人との時間を大切にしたいと思います。

しかし、だんだん大切な恋人と一緒にいて幸せなはずなのになぜか原因不明の不安に陥ったりすることがあります。

愛情に大小はありませんが自分が恋人に向けている愛情よりも自分に向いている愛情が小さいのではと疑問に思い、不安になるなど妄想で不安になってしまうので注意が必要です。

自分に自信がない

プライドが高い人は反対に自分に自信がない人も嫉妬しやすい傾向にあります。

自分に自信がないとネガティブに考えてしまうので、自分といるより友達といた方が恋人は幸せなんだとか異性と話しているところを見て、私よりも楽しそうに話しているなど実際に言われている訳ではないのに、マイナスイメージを働かせてしまいます

自信がない人はネガティブ思考の方も多いので一度、マイナスに捉えてしまうと不安が払拭できず、さらに妄想で嫉妬してしまうこともあります。

恋愛で嫉妬しない方法

恋愛で嫉妬しない方法があるというと本当に恋人のことを好きなのと思われてしまいますが、嫉妬は愛ではありません。

『誰かを嫉妬するというのは、その人を所有する、あるいは所有しようとすることである。嫉妬は最も非人間的で、破壊的な感情の一つである。弱い人、臆病な人、無知な人の用いる道具であり悲劇を招くだけで何の効果もない』

引用:どうすれば幸福になれるか(上)W・Bウルフ(著)

嫉妬は誰もがある感情だと思いますので悪いとは思いませんが決して恋人のための感情ではなく自分自身の問題です。

嫉妬で恋人を傷つけないためにも嫉妬しない方法を理解しすぐに実践していきましょう。

他人と比較しない

社会において比較は常にされているので無意識に他人と比較してしまうことがあります。

通りすがりの異性の採点をしたり、同性のファッションチェックをしたり普段の生活で比較することは非常に身近な行動です。

無意識に行っている行動を意識的に注意することによって、嫉妬をしない感情にすることができます。

なかなか比較を止めることが出来ない人は自分には価値があることを理解してみましょう。

『人間の値打ちというのはどこにあるのでしょうか。
それは、ほかに似た人がいないということです。
何をしたから値打ちがあるとか、何かをしないから値打ちがないとかいうことではありません。
たったひとりの自分だから値打ちがある、と考えればいい。』

引用:五木寛之(著)『不安の力』

それでも比較を止めることが出来ない人はあえて比較を止めずに、成長につなげる方法を取ることもできます。

相手との比較から生まれる嫉妬は自分の弱点への気付きにもなります。

なかなか自分の弱点を理解できるチャンスはありませんので、嫉妬したときに自分の弱点を克服するチャンスと思うと嫉妬心も消えるのではないでしょうか。

恋人から少し離れてみる

恋人との距離が近すぎることで不必要な嫉妬心が芽生えてしまうことがあります。

例えば、社内恋愛をしている場合、社内での恋人は仕事が出来て後輩や部下から慕われていたとしましょう。

恋人には異性の部下もおり、悩みを聞いてあげたり、適度なスキンシップを取ることもあるでしょう。

恋人からは話を聞くだけであれば、そこまで嫉妬する内容でないことでも実際の現場を見てしまうと恋人の表情や異性からの視線、感情が気になり嫉妬になってしまうことがあります。

このように職場が一緒や毎日、長時間会っている人は嫉妬してしまう機会が多くなっているので恋人といる時間を少し減らすことによって一緒にいる時間をもっと大切な時間にすることが出来るのではないでしょうか。

自信を持つ

嫉妬の対処法で一番で言われている方法が「自信を持つ」ではないでしょうか。

嫉妬してしまう人がわかっていることですがなかなか自信を持つことは難しいことです。

自信を持つ第一歩として「自己肯定を癖づける」ことをおすすめします。

”自己肯定感とは、「自分は生きる価値がある、誰かに必要とされている」と、自らの価値や存在意義を肯定できる感情のことをいいます。”

引用:https://192abc.com/10086

自己肯定するのって難しそうだなと思った方もいるのではないでしょうか。

実はほとんどの方が経験している感情で自己肯定は出来ます

それは「親になったつもりで自分に接すること」です。実の親でなくても育ての親は誰にでもいるでしょう。

その人だったら自分に対してどのような感情で接してくれるのかを考えてみましょう。

きっと否定的なことばかりいう親は少ないのではないでしょうか。

きっとあなたの味方になり助言をくれると思います。

自信を持つためには自己肯定から始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です