嫉妬される人の特徴と上手な対処法まとめ

スポンサーリンク

嫉妬される人とは

嫉妬されやすい人、とは実際に存在していて、以下のような特徴がある人は特に周りからの厳しい嫉妬を受けやすい傾向が強いです。

嫉妬されやすい人の主な特徴

  • 他の人よりも目立つ
  • 他人を観察する能力が乏しい
  • 嫉妬されることを回避しようとしない
嫉妬されやすい人とは、一般的に人より目立ちやすい特徴を持っています。ルックスやスタイルが良いなど注目されがちなので、他と違うという認識を持たれてしまいます。

異性からモテていたり、持って生まれた美貌など簡単に手に入らないものを持っている人に対して憧れを通り越して嫉妬の対象となります。

また嫉妬は怒り、敗北感、依存心、惨めさ、羨ましさなど負の感情が働きます。

人はこうした感情を抱くと表情などに出やすいのですが、嫉妬されやすい人はそれを察知する能力が乏しく、嫉妬される要素を隠せていないことで相手を刺激してしまいます。

以上の事から危機を察知できず他人を観察する能力が乏しい人も嫉妬の対象となってしまいます。

その他にも富や名誉、権力など人が持っていないものを持っていて敵を作りやすいことから嫉妬の対象となりやすくなります。

そしてそのことを隠そうとしないため、敢えてアピールしていると勘違いされて嫉妬されてしまうこともあります。自分を消すことが出来ず悪目立ちしてしまうケースも嫉妬されやすいのです。

ではここからは、さらに具体的に嫉妬されやすい人の特徴を男女別に解説していきましょう。

 

スポンサーリンク



嫉妬されやすい男性の特徴

嫉妬されやすい男性とは、以下のような特徴を持った男性に多く見られます。

嫉妬されやすい男性の主な特徴

  • 女性にモテる
  • ルックスが良い
  • 仕事ができる
  • お金持ち
  • 頭が良い
女性は嫉妬心が露わになる傾向がありますが、男性の場合は自分の嫉妬の心を自覚しないようにしてしまいます。

それだけに嫉妬の念に気づかない内に相手を追い詰めてしまい、とてもつもなく強い嫉妬を抱きがちです。

男性社会のフィールドは主に職場にあるので、ライバル心で相手を蹴落としたり、成果や能力など比較し相手より優位に立ちたいと思うのです。

それだけプライドや自己愛が強いため、上記の項目はコンプレックスを刺激してしまう要素が組み込まれているようです。

嫉妬されやすい女性の特徴

嫉妬されやすい女性とは、以下のような特徴を持った男性に多く見られます。

嫉妬されやすい女性の主な特徴

  • 美人
  • スタイルが良い
  • 彼氏または旦那さんがイケメン
  • 旦那さんが高給取り
  • セレブ
女性は本来、持っているスペックこそが自分の価値だと思っている傾向にあります。

そのため、自分より優れている女性がいると感じたとき、自分に価値がないと感じてしまい、価値のある高スペックな女性に嫉妬してしまいます。

つまり、上記のような項目に当てはまる女性は、一般的に高スペックの女性として見られているので、嫉妬されやすいということです。

また、女性には群れになって嫉妬の対象となる人をターゲットにすることで連帯感を強めるという傾向も見られます。

そういうことから、女性は男性に比べ嫉妬心が表面化しやすいので、女性からの嫉妬には特に注意が必要です。

 

スポンサーリンク



嫉妬される原因

『嫉妬』はなぜ引き起こされるのでしょうか?

嫉妬とは「本当はそうしたいと思う理想や欲求を抱いている」にもかかわらず、「やりたいことに制限をかけて抑制していること」で、自分は本当はこうしたいのに誰かがそれをしているのを見て「私は我慢しているのに羨ましい」と思う感情が生み出しているのです。

では人が嫉妬するきっかけとはなんでしょうか。

それは「本当はそうしたいと思う理想や欲求」と「やりたいことに制限をかけて抑制していること」のバランスが崩れてしまった時に引き起こされるものなのです。人は日々自分の心地よい空間を保ちながら過ごしています。

ですが、他人によってその心地よい空間が揺るがされた時に、嫉妬が芽生えてくるのです。

嫉妬はこんなシーンで起こります。

嫉妬が起こる例

「職場でベテランの女性Aさんは仕事もできて周りからの信頼も得られている。責任あるポジションと自負し他の社員さんとは馴れ合わないように気を付け、いつも気を引き締め仕事に臨んでいる。

そんな時に、新人のB子さんが入社する。若くて愛嬌もあるB子さんはとたんに職場で人気者になった。話題も豊富でいつも彼女の周りには人がいて楽しそうである。仕事のミスも愛嬌で許されているようだ。Aさんは、心地よかった自分の居場所を乱された気がして、B子さんにさまざまな感情を抱き嫉妬してしまうこととなった。」

上記のシーンを見てみるとAさんが一方的に嫉妬しているようですが、実は嫉妬される側のB子さんにも原因はあります。

嫉妬される原因は、Aさんは「他の人と馴れ合ったりチヤホヤされたい欲求」を「抑制」しているのに、B子さんの行動はまさにAさんの「抑制」を刺激してしまっていることです。

職場で充実感を隠さず楽しく過ごしている様子を羨ましく思われ反感を買ってしまったようです。

嫉妬されるには、必ずしも明確な原因があるようです。以下の記事ではより詳しく「嫉妬の原因」について解説しているのでぜひご参考ください。

嫉妬の心理学的意味と原因を徹底解説

2017.02.03

では、嫉妬される原因をケースごとに考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です