嫉妬される人の特徴と上手な対処法まとめ

スポンサーリンク

「嫉妬されていて困っています。どうしたらいいでしょうか?」

最近では、心理カウンセラーのもとにこのような相談が寄せられるそうです。嫉妬される場は、職場や友人、ご近所など身近な環境で起こっています

場合によってはそのせいで人間関係が壊れ、仕事を転職する事態になってしまったり、友人関係が壊れたり平穏な日常が一変してしまう恐れもあります。

あなたは、知らず知らずのうちに誰かから嫉妬されているということはありませんか?

筆者も、嫉妬されるがゆえに様々な嫌がらせや陰口をたたかれたりし、とても傷ついたこともあります。

なぜ嫉妬されてしまうのか、嫉妬されないためにはどうしたらいいのかを知り、嫉妬から身を守りましょう。

もう安心!嫉妬された時の対処法

嫉妬してしまった相手には、相手が自分のことを格が下だと思う「劣等感」を取り除くことがとても重要です。

その他にも具体的には、下記のような対処法があります。

  • 話し方を変えて、相手の嫉妬心を自分から遠ざける
  • 対等な立場と考えず、ある程度距離を取る
  • 嫉妬されることを受け入れ、開き直る強さやある程度受け流す力をつける
  • もういろいろ面倒だから転職してしまう
しかし、いざその場でいきなり対処法を実践するのは難しく感じると思います。

もし、あなたが嫉妬されて困っているならば、ここではもっとわかりやすくケースごとに対処法をご紹介しますので、ぜひご参考ください。

 

スポンサーリンク



職場内で嫉妬されてしまった場合の対処法

職場というのは嫉妬が起きやすいもので、これは当たり前のことで避けることのできない現状です。

しかし筆者もそうでしたが。嫉妬されているがゆえに嫌がらせ受けたりや陰口を言われていては、職場に行きたくなくなったり、仕事に集中できなくなってしてしまいます

あなたは何も悪くないのに、無駄に考えてしまったり、嫌な思いをしてしまい、あなたの貴重な時間をどんどん奪われていきます。

そのため、少しでも困っているのであれば、さっさと転職することをおすすめします。

転職と聞くとあまり良いイメージを持っている方はいないと思いますが、転職エージェントという無料のサービスを使えば、誰でも気軽に簡単に転職できますので、ご安心ください。

転職エージェントとは?

転職エージェントとは、自分担当の転職アドバイザーがついてキャリアの相談にも乗ってくれ、あなたが内定獲得するまで全て無料で転職を支援してくれるサービスです。

転職エージェントは、採用したい企業と求職者をマッチングさせることで企業からお金をもらうシステムとなっているため、全て無料でサービスを受けられます。

転職エージェントを使うことで、職務経歴書の書き方指導や面接対策、非公開求人の紹介等を受けられるので、今の職場よりも良い待遇の企業へ転職することも十分に可能です。

今までたくさんの職場内いじめを受けて、合計20以上もの転職エージェントを利用し8回も転職を行った筆者ですが、『DODA』だけは他のどの転職エージェントと比べて圧倒的に信頼できる転職エージェントでした。

超大手であるインテリジェンスが運営しているため良質なサービスを受けられ、女性でも安心できる転職エージェントなので転職活動を成功させるにあたって登録必須です。

見た目が問題の場合の対処法

見た目とはその人に備わっているものなので、簡単に取り除けるものではありません。

では、そのような時はどうしたらよいのでしょうか?

以下のような対処法が効果的でしょう。

見た目が問題の場合の対処法

  • 容姿について褒められたときに謙遜しすぎないようにする
  • 率直にありがとうを伝え、相手の言葉に対して素直な気持ちを表現する
  • 相手を立てる
謙遜のしすぎは、反対に嫉妬心を煽ってしまいます

まずは、言葉に対して「ありがとうございます。」と伝え、「そんな風に言っていただいて恥ずかしいです。」や「自分でもびっくりしています。」など素直な気持ちを付け加えます。

どのような人間でも、気持ちを込めた感謝の言葉に悪い気はしませんし、その程度の会話に収める事で嫉妬心を刺激せずに済みます。

そして、ライバル側の人間ではなく同じ側の人間として認知してもらえるように、相手とつながることがベストです。

また、嫉妬される人は他人を立てることが上手ではありません。

なので、相手が自分より優れているところを探し出し相手の自尊心をくすぐってあげることも一つの方法です。

性格が問題の場合の対処法

性格が問題の場合というのは、キャラクター的なものでミスをあまり責められないなど、性格で得をしてる人もいます

自分を持っている人も、自由に生きている様が反感に繋がることもあります。

性格は自覚しにくい内容だからこそ、なぜか嫉妬されているという状態になり困惑するでしょう。

ではどんな風に対応したら良いのでしょうか?

以下のような対処法が効果的でしょう。

性格が問題の場合の対処法

  • 自分らしくありのままに生きていくと覚悟を決める
  • 嫉妬されていると分かっていてもスルーする
  • 他人から羨ましがられるほどの何かを持っていると自信につなげる
本来持ち合わせているメンタルの強さを活かし、嫉妬される事を恐れないという気持ちも大事です。

割り切ることで、本来の自分らしい生き生きとした人生を得られるのではないでしょうか。

また、相手の嫉妬に対抗しようとせず、大きく構えていられる強さも大事です。嫉妬心をスルーすることで、相手もそのうちに戦意喪失するかもしれません。

また発想の転換で、他人から嫉妬されるほど羨ましがられるものをもっているという自信に切り替え、自分のモチベーションを上げることも得策です。

そのため、脱毛をしたりエステをしたりするというのも1つの手といえます。

スポンサーリンク



 偏見をされている場合の対処法

嫉妬される原因は、脱毛やエステなど完璧にしているなど、他人から見て「羨ましい」思われる要素を持っているからです。

幸せや成功は、天性のものだけでなく本人が努力して得ているものもあるのですが、「あの人はもともと才能があるから成功するんだ」と思われてしまうことが多いです。

そのため、努力の過程を考えてもらえず安易に嫉妬され「苦労知らず」などと偏見を持たれてしまいます。

そこで、努力の下にあった苦労話など交え、嫉妬している人から「同情」されることで嫉妬心を回避しましょう。

では、具体的にどのように「同情」をもらえばいいのでしょうか?

以下のような対処法が効果的でしょう。

偏見をされている場合の対処法

  • 自分の弱みを見せる
  • 失敗談を伝える
人は誰でも自分の弱みを見せたくはありません。

ですが、弱みや失敗例を話すことで「幸せそうに見えて、この人も大変なんだ」と同情してもらいやすくなります。

なので、ここはあえて自分を下げて、相手のほうが幸せかもしれないと思わせることで嫉妬の対象から外れる方向に持っていけることでしょう。

また苦労話をすることで相手に認められ、それをきっかけにその人が他人を認められることが出来る人に変わってくれるかもしれません。

嫉妬していた人が成長できるきっかけにもなりそうです。

嫉妬される人とは

嫉妬されやすい人、とは実際に存在していて、以下のような特徴がある人は特に周りからの厳しい嫉妬を受けやすい傾向が強いです。

嫉妬されやすい人の主な特徴

  • 他の人よりも目立つ
  • 他人を観察する能力が乏しい
  • 嫉妬されることを回避しようとしない
嫉妬されやすい人とは、一般的に人より目立ちやすい特徴を持っています。ルックスやスタイルが良いなど注目されがちなので、他と違うという認識を持たれてしまいます。

異性からモテていたり、持って生まれた美貌など簡単に手に入らないものを持っている人に対して憧れを通り越して嫉妬の対象となります。

また嫉妬は怒り、敗北感、依存心、惨めさ、羨ましさなど負の感情が働きます。

人はこうした感情を抱くと表情などに出やすいのですが、嫉妬されやすい人はそれを察知する能力が乏しく、嫉妬される要素を隠せていないことで相手を刺激してしまいます。

以上の事から危機を察知できず他人を観察する能力が乏しい人も嫉妬の対象となってしまいます。

その他にも富や名誉、権力など人が持っていないものを持っていて敵を作りやすいことから嫉妬の対象となりやすくなります。

そしてそのことを隠そうとしないため、敢えてアピールしていると勘違いされて嫉妬されてしまうこともあります。自分を消すことが出来ず悪目立ちしてしまうケースも嫉妬されやすいのです。

ではここからは、さらに具体的に嫉妬されやすい人の特徴を男女別に解説していきましょう。

 

スポンサーリンク



嫉妬されやすい男性の特徴

嫉妬されやすい男性とは、以下のような特徴を持った男性に多く見られます。

嫉妬されやすい男性の主な特徴

  • 女性にモテる
  • ルックスが良い
  • 仕事ができる
  • お金持ち
  • 頭が良い
女性は嫉妬心が露わになる傾向がありますが、男性の場合は自分の嫉妬の心を自覚しないようにしてしまいます。

それだけに嫉妬の念に気づかない内に相手を追い詰めてしまい、とてもつもなく強い嫉妬を抱きがちです。

男性社会のフィールドは主に職場にあるので、ライバル心で相手を蹴落としたり、成果や能力など比較し相手より優位に立ちたいと思うのです。

それだけプライドや自己愛が強いため、上記の項目はコンプレックスを刺激してしまう要素が組み込まれているようです。

嫉妬されやすい女性の特徴

嫉妬されやすい女性とは、以下のような特徴を持った男性に多く見られます。

嫉妬されやすい女性の主な特徴

  • 美人
  • スタイルが良い
  • 彼氏または旦那さんがイケメン
  • 旦那さんが高給取り
  • セレブ
女性は本来、持っているスペックこそが自分の価値だと思っている傾向にあります。

そのため、自分より優れている女性がいると感じたとき、自分に価値がないと感じてしまい、価値のある高スペックな女性に嫉妬してしまいます。

つまり、上記のような項目に当てはまる女性は、一般的に高スペックの女性として見られているので、嫉妬されやすいということです。

また、女性には群れになって嫉妬の対象となる人をターゲットにすることで連帯感を強めるという傾向も見られます。

そういうことから、女性は男性に比べ嫉妬心が表面化しやすいので、女性からの嫉妬には特に注意が必要です。

 

スポンサーリンク



嫉妬される原因

『嫉妬』はなぜ引き起こされるのでしょうか?

嫉妬とは「本当はそうしたいと思う理想や欲求を抱いている」にもかかわらず、「やりたいことに制限をかけて抑制していること」で、自分は本当はこうしたいのに誰かがそれをしているのを見て「私は我慢しているのに羨ましい」と思う感情が生み出しているのです。

では人が嫉妬するきっかけとはなんでしょうか。

それは「本当はそうしたいと思う理想や欲求」と「やりたいことに制限をかけて抑制していること」のバランスが崩れてしまった時に引き起こされるものなのです。人は日々自分の心地よい空間を保ちながら過ごしています。

ですが、他人によってその心地よい空間が揺るがされた時に、嫉妬が芽生えてくるのです。

嫉妬はこんなシーンで起こります。

嫉妬が起こる例

「職場でベテランの女性Aさんは仕事もできて周りからの信頼も得られている。責任あるポジションと自負し他の社員さんとは馴れ合わないように気を付け、いつも気を引き締め仕事に臨んでいる。

そんな時に、新人のB子さんが入社する。若くて愛嬌もあるB子さんはとたんに職場で人気者になった。話題も豊富でいつも彼女の周りには人がいて楽しそうである。仕事のミスも愛嬌で許されているようだ。Aさんは、心地よかった自分の居場所を乱された気がして、B子さんにさまざまな感情を抱き嫉妬してしまうこととなった。」

上記のシーンを見てみるとAさんが一方的に嫉妬しているようですが、実は嫉妬される側のB子さんにも原因はあります。

嫉妬される原因は、Aさんは「他の人と馴れ合ったりチヤホヤされたい欲求」を「抑制」しているのに、B子さんの行動はまさにAさんの「抑制」を刺激してしまっていることです。

職場で充実感を隠さず楽しく過ごしている様子を羨ましく思われ反感を買ってしまったようです。

嫉妬されるには、必ずしも明確な原因があるようです。以下の記事ではより詳しく「嫉妬の原因」について解説しているのでぜひご参考ください。

嫉妬の心理学的意味と原因を徹底解説

2017.02.03

では、嫉妬される原因をケースごとに考えてみたいと思います。

魅力的である場合

もっとも嫉妬されるケースが、『魅力的である』ということです。人を惹きつけ目立った存在であるというだけで嫉妬されます。

人は魅力的な人を見ると、自分のスペックや価値が下で負けたような気がしてしまうのです

また、女性は美意識が高く自身のコンプレックスを抱えている人が多いため、女性の魅力的な人への嫉妬はとても強いのです。

「あの人は魅力があるから上司に好かれる」「もともと恵まれている」と捉えられ、魅力的だから特別扱いを受けたり望んでいるものが手に入りやすいと思われがちなのです。

手の届く存在である場合

自分の手で届く範囲にいる人のことは嫉妬できるのですが、全く手の届かない人に対しては嫉妬できないものです。

例えば、芸能人がSNSで批判されることがあります。批判の多くは、成功をものにした芸能人への嫉妬からくるものです。

ですが、一般人がいくらテレビに出るような手の届かない存在に嫉妬をしても、反応が返ってこないため嫉妬はすぐさまに鎮火するでしょう。

一方で、身近にいる人が成功を収め、富や名声をものにして充実した生活を送っていることが分かると、成功の裏に多大なる努力があったとしても、手を伸ばしたら同じ位置にすぐ届くと思われ、嫉妬されてしまう事態になります。

嫉妬をまともに受けてしまうのは、手の届くごく身近な存在だからこそ成り得てしまうのです。

スポンサーリンク



自分の評価が違う人に向けられてしまう場合

自分の評価が違う人に向けられる事は主に職場で起こりえます。

職場は人が人生の多くの時間を費やす場所でもあるため、職場での嫉妬はとてもよく起きることなのです。

特に、ひがみっぽかったり評価ばかり気にしている人や、強いコンプレックスを持ち自己評価が低い人がより嫉妬心を抱いてしまいます

仕事で成果を上げキャリアが上がった人に対し「偉そうになった」「あの手柄は本当は自分でも出来た」のような、事実とは違う嫉妬を向けられ、足を引っ張ろうとする人まで出てきます。

そこそこ仕事が出来て評価もされていると思っていたのに、相手が上がっていくと自分は置いてきぼりを食らった気がして、相手の成果を喜べず競争心からくる悔しさにより嫉妬が引き起こされているのです。

まとめ

いかがでしたか?

特に職場内で嫉妬されて困っているのであれば、さっさと転職することで全てが解決されるので、一番手っ取り早いです。

DODA』に登録しておけばまず失敗はないので、相談するだけでも無料ですのでぜひ登録してみてください。

嫉妬されることは仕方のないことではありますが、嫉妬の原因を知ることで、自分がどのように対処をしていけば良いのかが見えてきます。

みなさんが、嫉妬されるという呪縛からいち早く自由になれることを心より願っております。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です