わざと嫉妬させる男女の心理を徹底解説

スポンサーリンク

「彼氏が遊びに行っただけなのに、なぜか腹たつ。」
「彼女が他の男の話をしただけでなぜがイライラする。」

こんな経験ございませんか?結婚した後となると、その悩みは一向に解消されることはありません。

ですが、もしその嫉妬がパートナーによる計画通りであった場合、その心理を知ることによって「それならいいか。」という安心をもたらしてくれるでしょう。

そんな嫉妬に悩めるあなたに、男女はなぜ嫉妬させるのか、という心理を徹底的に解説いたします。

嫉妬させる心理とは?

男女が嫉妬するのは生物学的な理由があります。そもそも人間の生きる目的は子孫を残すこと、これが大前提です。

あらゆる人間の心理活動は皆この自分の子孫を残して種としての人類を絶滅させないことに関係しています。嫉妬心も生きて生を絶やさないことに関係しているのです。

つまり男女は、それぞれ自分がともに子孫を残そうとしてる相手を、他の人に奪われるのを避けるため、相手を引き付けておこうと、嫉妬させるのです。

ということは、実は相手が男や女でなくても、自分との間を割くものならどんなものでも嫉妬するのです。よく恋人がゴルフばっかりやっていたり、友達と遊びに行ったりするたびに何故かイライラしたことはないでしょうか。

それは恋人に怒っているというより、自分との仲を裂こうとする趣味や友達に怒りをぶつけていたのです。

スポンサーリンク



男性が嫉妬させる心理

よく女性は嫉妬深いといいいますが、実は男性の方がよっぽど嫉妬深いのです。なぜなら男性は太古に一夫多妻だった頃の遺伝子を未だに残しており、恋人や奥さん以外の女性をも多く引き付けておくために嫉妬心を抱かせるという生の戦略を持っているのです。

150万年前、ほとんどの動物はフィメールチョイスと言ってメスがオスを選ぶのが主流でした。つまりハーレムの状態がこれです。

昔は子供が生まれても環境のせいですぐに死んでしまったので、数打てば当たるというように、たくさんのメスに子供を産ませたのです。これが生きる戦略でした。

例えば、セイウチの群れを見たことがあるでしょうか?一頭のオスの周りに大量のメスが群がり、モテないオスが群れの外側にあふれ、生殖できずに死んでいくのです。人間もかつてこのフィメイルチョイス(メスがオスを選ぶ)であったので、大量のオスが死んでいきました。

これでは種が絶滅してしまうので、150万年前に人間はメイルチョイス、現在と同じ形の「一夫一婦制」になりました。そのため自分の作った子供をちゃんと育てて、浮気しないメスを選ぶ必要がありました。オスの強い嫉妬心で相手を引き付けておこうとするのは生きのこるための大事な戦略だったのです。

一夫多妻制だった頃の遺伝子は今も男性に残っていると言われており、より強い嫉妬心を抱くのはこの頃の遺伝子の名残のようです。

世の中には意地悪いほど相手に嫉妬心を植えつけたい男性もいます。これはより男性ホルモンの高い人に多い傾向です。生殖能力が高ければ高いほど、つまり男性的能力が高ければ高いほど、相手に対する執着心が強いのです。裏を返せば、浮気心も強いということです。恐ろしいですね。

スポンサーリンク



彼女の気持ちを確認したい

しょっちゅう相手が浮気していないか、携帯を盗み見たり、女友達と遊びに行っただけでしつこく質問攻めにする男性が多くいますが、この相手の気持ちを確認したいという強い欲求もまさにどこかで自分以外の子供を産んでほしくないからです。

恋人どうしで結婚の約束も子供を産む予定もない場合の相手であっても、男性は生物として、つまり太古の遺伝子の記憶から自分が生き残れない不安に駆られているのです。「自信のない男」とよく言いますが、これはモテて子供を産む自信がない、ということなのですね。

男が相手の気持ちを確認したいと思う時、女がする仕方と違います。男は言わずともわかってほしいという欲求があり、いつも言葉少ないのはそのためなのです。反対に女性は言語野の発達した生き物なので、言葉を大事にします。

そしていつも相手の気持ちを確認したいと思っている、依存体質の男は、友達が少なく、自信がないから束縛してしまうようです。こうした男はプライドの高い自信家が多いようですが、当然独占欲が強いのです。ナルシストほどいつも相手の気持ちを確認したいという、意外な一面を持っているのですね。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です