嫉妬しやすい人の特徴5つと具体的な対処法まとめ

スポンサーリンク

「嫉妬」、それは「怒り、悲しみ、妬み、依存、敗北感、無価値観」など、様々な気持ちが複雑に絡み合った感情です。

自分と同性の他人を比べて相手のほうが恵まれた状況のような気がして嫉妬してしまう、恋人との関係で「もっと自分に構ってほしい」という気持ちから嫉妬してしまう。そんな経験がある方も少なくないと思います。

自分でコントロールすることが難しい「嫉妬」という感情ですが、どういう状況や経験のある人が陥りやすいのか?どうすればその感情にとらわれずにすむか?といった情報をご紹介いたします。

嫉妬しやすい人とは

世の中には、嫉妬しやすい人やされやすい人が存在します。これは育ってきた環境や体験などで変わってくるものであり、本人はなりたくてなったものではないのです。

そのため、嫉妬しやすい人は自分がどうして嫉妬しやすいのかについてよくわかっていません。

嫉妬しやすい人というのはそもそも相手に対してするものですが、自分が傷ついていることが原因なことにほとんどの方が気付いておらず、嫉妬に悩み、苦しんでいます。

ここでは、その自分の傷について気付きやすくするためのツールとして、「嫉妬しやすい人の特徴」をご紹介します。

嫉妬しやすい人の特徴としては主に、以下の項目に当てはまる人が多いです。

  • 没頭できる仕事や趣味がないこと
  • 自分に自信がないこと
  • なにかに我慢をしていること
  • 他人と自分の境界があいまいなこと
まず、「没頭できる仕事や趣味がないこと」について。みなさんは仕事で忙しい時や、趣味を楽しんでいるときに、余計なことを考えている余裕はありますか?嫉妬してしまうということは、極端に言えば「無駄に時間があり余っていて、他人の詮索をしたり余計な想像をしたりしてしまう」ということだと言えます。

このような人は、パートナーとの関係においても、会っていない時の相手の行動を全て把握しようとして関係がギクシャクしてしまうという危険性があります。

「自分に自信がないこと」についてはどうでしょうか。劣等感が強くネガティブ思考なことが原因ですが、このような人は、何気ない会話をしている時に相手がそこにいない誰かを褒めたとき、「自分より相手が勝っているから褒めている。自分はその相手より劣っているんだ」と思い込んでしまいます。

「なにかに我慢をしていること」に関して言えば、「なんであの人ばっかり!」という気持ちは「本当はあの人のようになりたいのになれないイラ立ち」から生まれている可能性が考えられます。「自分がしてみたいこと」「本当はやってみたいこと」を我慢し、気持ちにブレーキをかけているため、相手が羨ましく感じてしまうということです。

最後に「他人と自分の境界があいまいなこと」についてですが、これは「自分は自分、他人は他人」という考え方が苦手な人に起きやすいと言えます。相手は自分より努力してその結果を得たかもしれないのに、結果だけを見て妬んだり、生育環境による違いにたいしても「仕方がない」と考えることができず嫉妬してしまうのです。

嫉妬しやすい男性の特徴5つ

以下に挙げるような特徴がある男性は、「嫉妬深い」可能性が高いと言えます。パートナーにたいし「この人はどうしてこういう反応をするのかな?」と不思議に感じたことがある人はチェックしてみましょう。

そういう行動を取ってしまう原因が分かればモヤモヤした気持ちもスッキリしますよね。また、自分がどういう言動を取ることで相手の嫉妬心を軽減できるのかについてもあわせてチェックすることで、パートナーとのより良い関係を築いていきましょう。

1.急に黙り込む

それまで普通に話していたのに、急に黙り込んでしまうことはありませんか?そういう場合、嫉妬していることが多いです。男性はプライドが高い人が多く、そういう人は自分の嫉妬心に対して「こんなことで嫉妬したなんて知られたくない」と考えてしまうようです。

とは言っても、自分の中に湧いてきた嫉妬というモヤモヤした感情を抑えることも難しいので、「急に黙り込む」ことで自分の気持ちを冷静に保ちつつ、パートナーに気付いてもらおうとしていると言えます。

この場合、「何か嫉妬させるようなことを言ってしまったかも?」と考え、「あなたが一番」という好意をボディタッチなどでさり気なく伝えるなど、女性の方から気を遣ってあげるようにすると良いでしょう。

2.話題を変える

今までの話題に全然関係ない話を持ち出すなど、話題を変えようとする姿勢を感じることはありませんか?話題の変更があまりにも不自然だなと感じるなら、嫉妬している可能性が高いです。

先程同様、男性はプライドが高いので「嫉妬している自分」にたいして「カッコ悪い、女々しいと思われたくない」という気持ちになり、パートナへ素直に嫉妬していることを伝えられません

そのため、聞いていると嫉妬心で辛くなってしまう話題を必死で変えようとしているのです。この場合、相手の出してきた話題に乗って合せてあげると良いでしょう。

そして「どういう話題の時に話題を変えてきたか」を分析し、同じ話題を出さないように気を付けてあげると良いでしょう。

3.嫉妬している相手の悪口を言う

ある特定の相手についての悪口が急に増えたなと感じることはありませんか?実はこれも男性の嫉妬心の表れなのです。

やはりプライドが関係しているのですが、嫉妬心をストレートに言葉にすることができないので、代わりに嫉妬している相手の悪口を言うようになります。相手の方が自分よりもこういった部分で劣っている、ということを「悪口」によって伝えることで、パートナーの気持ちが自分に向くように歯止めをかけようとしているのです。

この場合、「あなたと一緒にいられて幸せだよ」など、不安を解消するような言葉をかけてあげると良いでしょう。パートナーの心が自分に向いていることに気付けば、安心して悪口も言わなくなりますし、今まで以上の愛情を向けてくれるようになるでしょう。

4.違う女性の話をする

最近なんだかよく二人の会話に他の女性の話題がのぼる気がする……という経験はありませんか?これも男性の素直ではない嫉妬心の表れである可能性があります。男性は自分が嫉妬しているということを女性に悟られるのを嫌がりますが、パートナーにも自分と同じ気持ちを味わわせたいと考える人が結構います。

「自分だけこんなに嫉妬しているのはズルい。彼女にも自分に嫉妬してほしい」と考、その時のパートナーの反応を見て、自分が愛されているかの確認をしようとします。

今まで女性の話をほとんどしなかったのに、急にそういう話が増えたなと感じたら、男性にたいしてヤキモチを妬いているような反応をしてあげましょう。そうすることで「自分は愛されている」と安心し、だんだんと落ち着いてくるでしょう。

5.怒る

急にどうしたの?と思う場面で、急に怒られたことはありませんか?実はこれも男性の嫉妬の特徴です。

嫉妬していることを気付かれたくないけれど、嫉妬という感情が「怒り」の感情を含んでいることから、別の話題で怒ることで嫉妬心からくる怒りを鎮めようとしています。

前後の会話を思い出し、「何か嫉妬させるようなことを言ったかな?」と振り返り、優しく冷静に話を聞いてあげましょう。

嫉妬しやすい女性の特徴5つ

以下にあげる特徴がある女性は「嫉妬深い」可能性があると言えます。嫉妬しやすい男性と共通する部分もありますが、女性ならではの特徴も見られます。

「なんでこんな言動をとってくるのかな」とパートナーにたいしてうんざりした気持ちになってしまっている方もいるかも知れませんが、ぜひ原因だけでなく軽減法もあわせてチェックして、パートナーとより良い関係を築いていけるようにしましょう。

1.普段よりも口数が少ない

普段は良く話すのに、今日に限ってなんだか口数が少なく無口な感じがすると感じたことはありませんか?その場合、パートナーはあなたにたいして嫉妬している可能性が高いです。

例えば職場の同僚と仕事の流れで食事に行っただけだとあなたは思っていることでも、パートナーからしたら「浮気ではないかも知れないけど、ちょっと親しすぎない?」「なんでその同僚女性との話をそんなに楽しそうにするの?」と不安を感じていることも考えられます。

そういう場合、「聞きたいけど嫉妬深い女性だと思われたくない」という複雑な気持ちが絡み合い、その気持ちを抑えるために口数が少なくなっていると考えられます。この場合、さり気なく話題を変えてあげると良いでしょう。

2.嫉妬の対象に対する悪口を言う

気に入っているアイドルの話をしていると「顔はかわいいかもしれないけど、頭は悪いよね」、趣味のゲームの話をすると「ゲームは身体に悪いんだよ」など、変につっかかってくるなと感じたことはありませんか?

それは女性が嫉妬を感じているサインです。これは、あなたが気に入っているものや熱中していることにライバル意識を持ってしまっていることが原因です。この場合「嫉妬してくれてるなんてカワイイな」と広い心で受け入れてあげましょう。

3.不機嫌になり、嫌味を言う

話していて急に不機嫌になり、ちくちくと嫌味を言ってくるなと感じたことはありませんか?これも女性の嫉妬に見られる特徴です。

休日に自分以外の相手と遊びにいく予定を立てていたとして、「楽しそうでいいね!私は休日予定がなくて暇だけど」というような発言をしてくることがこれに当てはまります。言っている女性もこんなことは言いたくないのですが、嫉妬心に勝てずに言ってしまうのです。

この場合、言っている方もあまり深刻に受け取られてしまうと居心地の悪い気持ちになるので、「はいはい」と軽く受け流してあげるのが良いでしょう。

4.ワガママを言ってくる

いつもよりワガママを言ってきたり甘えてきたりするな、と感じたことはありませんか?これはパートナーの自分に対する愛情を試す行為ですので、嫉妬している可能性が高いです。

ワガママを受け入れてもらうことによって「自分は愛されている」と実感し、そうすることで嫉妬心を抑えようとしています。

イライラする要求だったとしても、こういう気持ちでとってしまう行動なんだと理解し、優しく接してあげると良いでしょう。

5.自分自信を責める

急に「私ってダメな人間だよね」「どうせ私なんて……」のようにネガティブな発言をしてきたことはありませんか?分かりにくいかも知れませんが、これも嫉妬からくる言動です。

ネガティブ思考のパートナーである場合、あなたが何気なく話した女性と自分を比較してしまい「この部分もあの部分も、あの女性に負けている」と感じ、落ち込んでしまいます。

そんな時は、パートナーの長所を褒めてあげましょう。「こういうところが大好きだよ」とフォローしてあげることで、心が安定し、ネガティブな発言は治まってくるでしょう。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です