転職で後悔しないために確認するべき全て

スポンサーリンク

転職して後悔する理由

転職とは、現在の職業もしくは所属する会社から、別の職業もしくは別の会社へと変わる、移ることを言います。主にビジネスパーソン(ビジネスマン・ビジネスウーマンの会社員・事務員などを称します。)を中心に使われてきた言葉です。

最近では職業、勤務先の会社が変わった際に一般的に使われています。」と記載されています。

転職によって明るい未来を迎える・転職によって収入をあげる・転職によってスキルを工場させるなど、前向きな行動と言えます。

しかし転職してから「話が違う」「思った通りではない」「雰囲気が悪い」など後悔する時が多く見られます。後悔する方々は、「何処でも良いからとにかく就業したい」という思いが強い人や、「面接で条件を確認したので大丈夫」と安心している人が多いです。

「そんなことはないだろう」と思う人は多いかもしれません。意外と多いのがこの事例なのです。

実例では、「採用段階で細かな話を確認していなかった」「内定通知書や労働条件通知書をしっかり確認していなかった」などが後悔の理由です。

経済的にゆとりがある方々は退職後に十分吟味してから転職先を探すことができます。

ゆとりが無く退職後すぐに転職する方々は、転職を決意してから退職までに後悔しないよう準備を十分にすることが大切です。

 

転職して後悔する例

実際に転職して後悔した方々や嫌な思いをした方々の事例です。

  1. 「実際に入社してみると、面接で聞いていた印象よりも残業が多い状況です。確かに繁忙期は残業があると聞いていたが、ここまで多いとは思っていなかったので、心身伴に毎日疲れています。」
  2. 「たまたま転職した企業が自分に合っていれば良いのですが事前準備無しで勢いだけで入社した企業はほぼ雇用の不整合を生じます。どれだけ現職が嫌になったとしても自分がやってみたいという仕事が見つかる前に転職してしまうと後悔しています。」
  3. 「転職先は
    前職より更に劣悪な環境で、特に人間関係は今まで経験したことのないくらい最悪なものでした。確かに、給与は2~3万円上がりました。お金より大切なものに今さらながら気付かされました。」

などが転職後の後悔事例です。

思った仕事内容と違った

転職後、入社前の思いと違いを感じる方々は多いでしょう。

ただ、実際はその相違は転職者の勘違いや思い込みによることも多々あります。「描いていた『理想』と違う」場合はあります。

現実には限られた情報から正確にその企業を理解することは難しいので、転職後のギャップを「最小限に抑える」認識を持つことも大切です。

最近はWebサイトや情報誌など多様な情報源があり、情報自体は入手が容易です。

しかし情報を収集した結果が企業の一部と考えるべきでしょう。

例えば規模の大きな企業であれば、部署ごとに環境が異なる場合もあります。残業時間が「少ない」という表現には解釈の違いもあります。

職務内容についても挑戦したい領域が明確であるなら、自分がどの程度関与可能なのかという事は確認しておくことが重要になります。

残業などの労働条件がきつかった

求人広告には「所定労働時間は、9:00~17:30、休日は土日祝祭日で休日出勤はなし」掲載されていました。面接時にも同様の説明を受けました。

その後、採用されて条件に納得して「労働条件通知書」を受領後、転職を決定した事例です。

しかし、実際に転職してみると、残業代は18時以降から有効になります。定時後30分はサービス残業です。

そして、年に2回土曜出勤があることが判明しました。「労働条件通知書」に記載されている条件と、実際の勤務状況に相違がある場合、会社へ改善要求は可能でしょうか?

企業側は、「労働条件通知書」に記載した通りの条件で従業員を勤務させる事が義務です。

今回のケースでは、「労働条件通知書」と実際の労働条件に差があるため、企業に改善を申し出する事や、給与の差額を求めることや労働契約を解除することも可能です。

前記事例に至るまで、該当企業で就業するか否かを検討する事も大切です。

周りの意識が高すぎてついていけなくなった

周りの人間のやる気の高さを見て一緒に業務遂行できるか不安になる時があります。

その不安の状態から見ると、周りの人は業務以外の自分の生活を顧みないアンドロイドのように感じる、業務のために人間的な大切な何かを失った人のように感じるケースがあるのです。

確かに業務をする上で身を粉にするという気持ちは大切です。

しかし、忘れてはいけない重要な点は、業務(仕事)が人生の全てではありません。

ですが、異常なやる気の高さを見せている社員も、その内情は演技でやる気のある姿勢を見せている可能性も十分にあります。

客観的な判断をせずに、「この社員達は業務に対してやる気が凄い。」「レベルが高すぎて追いつかない。」と考えるのは就業後だけかもしれません。

彼ら彼女達も上役に合わせているだけかも知れません。しかし職場のハイテンションを利用して、会社から業務のために人生を投げ出してはいけません。

その職場環境が通常であることに慣れる事も大切です。

自分のやりたい事が違っていた

転職直後に「やりたい仕事と違った」とよく耳にします。

転職して後悔する事例の中で最も多いのが、「自分のやりたいこと」と「転職後の仕事」の不整合が多くあります。

社会に役立つ仕事がしたい、など理想に燃えて転職しますが、実際は単なるルーティンワークだったら、「こんなはずじゃなかった」と後悔します。

このようなケースは往々にして、自己分析を疎かにしている事にあります。

そもそも自分が何をしたいのか、はっきりと答えられる人は転職の不整合による後悔には陥りません。

「何をやりたいかが不明瞭のまま転職する」「現在の業務では満足が得られない」との思い出で転職した時に、このような事態に陥りやすいのです。

自分のやりたいこと、よりも「ここだけは譲れない条件」や、やりたくない事を中心に自己分析をしましょう。転職後の後悔は無くなっていきます。

前の会社と同じような業務を行っている

転職は即戦力を求められます。前職と同様な業務を行って転職先の環境に慣れてもらうこともあります。

一般的に企業は入社後3ヶ月~6ヶ月の試用期間を設定しています。

その試用期間中に前職と同様な業務を行ってなってもらい、実力を観察されているケースが見られます。

また前職と同様な業務を担当して社員が減少してケースや該当部門の強化を図る目的で業務を担当してもらうケースがあります。

しかし、試用期間が終了して希望の職種を担当部署へ本配属される場合があります。

転職後就業日数が少ないケースでは希望職種、希望部門へ配属されないケースがよくあります。

転職する際の面接等でしっかりと確認しておくことが必要です。

また、希望職種や希望部門と異なった配属先での業務機関が長期に渡るケースは、所属長や人事採用担当部門と相談する事も大切です。

社風などが原因で居心地が悪くなった

求人サイトを利用した事例です。

「業務内容と収入のみで検索し、検索結果に上がってきた順番で企業に就職の応募をしました。待遇改善が目的でしたので、企業風土や企業理念は調べずに応募しました。

面接で採用がきまり、就業を始めました。転職後、社風が合わないことにすぐに気が付きました。転職先は、休日には社内イベントがあり家族同伴で参加することが当たり前でした。

良く言えばアットホームな雰囲気です。これまでは職場で家族を紹介することが一切なかったため、非常に戸惑っています。

プライベートと仕事をはっきりと分けたい自分にとっては、とても働きにくい環境でした。

他にもこれまでの職場では考えられない慣行が多く精神的負担になり、改めて自分に合った会社を探すことにしました。」

現在はアフター5に付き合いをしない方々が増えているなかで、休日にイベントを家族で半強要される体育会系の会社があります。面接の段階でしっかりと確認をしておく事が大切です。

 

転職して後悔しないために

転職活動で失敗しないためには、自分自身の行動を見直す必要があります。

転職の失敗事例は次の通りです。「社風に不満を覚えて転職したものの、次の職場では黙々とパソコン作業が続き、苦痛でした。」

この事例は、前職で社風に不満を感じていた時に「雰囲気が良さそうなところならどこでも良い」と安易に転職先を選択した結果です。

しかし、業務内容をきちんと確認していなければ、今度は前職とは違った不満を抱くことはありません。不満だった点を重点的な条件とする事が大切です。

また、面接時に、未経験の業務に対して「出来ます」と返答して、実際に該当業務を担当することになったケースがあります。

面接のときは、見栄を張って「なんでもできます」と言いたくなります。出来ない事は素直に伝えましょう。

その時に、「未経験の業務ですが、担当になった際はしっかり勉強し、会社に貢献できるように頑張ります。」など、誠意を見せることで、好印象を与えられます。

労働条件は事前に確認しておく

給与や待遇などの条件面について、ほとんどの企業は面接で具体的なことを話しません。

それは応募者の働き方や働く時期によって、変動することが多いからです。

「頑張り次第では…」「平均的には…」「繁忙期には…」という決まり文句を良く聞きます。

実際の給与や待遇は、採用後に提示される労働条件通知書が採用されます。

「こんなはずじゃなかった」と後悔しないためには、就業後でも労働条件通知書をしっかり確認することが大切です。

入社後に「こんなはずじゃなかった…」と無理に仕事を継続するより、上司や人事担当者に申し出て「今回は良い縁ではなかった」と割り切る事も重要です。

応募者にとっても採用する会社にとっても後悔をしない事になります。

自己分析は転職エージェントに任せる

転職する時に「人より優れているところ」を探す必要はありません。自身を見直す事が大切です。それが、自己分析です。

自己分析の第一歩は、これまでの仕事経験の「棚卸し」です。経験した業務を書き出して整理して見ることをお薦めします。

それをもとに、身につけた能力を考えます。この時点で「能力は何かな?」と思ってしまう人も多いようですが、大切なのは人より優れている箇所を見つける事ではなく、「どんな意識・姿勢で取り組み、成長してきたか?」を振り返る事です。

例えば、「課題に対してどんな工夫をしたか」「人とどう接してきたか」などは立派な能力であり、強みです。キャリアアドバイザーを0相手に話すことで、頭の中を整理してみましょう。

客観的視点を持つキャリアアドバイザーは、応募者が自分では意識していない強みを発見し、お伝えする手助けをしてくれます。

その会社で自分が行う業務を再確認する

転職する際には「履歴書」「業務経歴書」「エントリーシート」のフォームを用いて、「希望する業務」「志望動機」を記載します。

転職に必要な書類を転職先に応募して、書類選考を通過すると採用担当者との面接に至ります。

まずは、採用担当者は人事部門や総務部門の専任者から面接します。

この面接では、前職の退職理由やビジネスマナー、一般的な業務経歴の確認などがテーマとなります。その際に応募した職種について確認をしっかりとしておきましょう。

前記までを第一次面接として採用されるケースがあります。転職の際は、希望する職種を担当する部門担当者との第二次面接があると覚悟して下さい。

その際に第一次面接で話した業務経歴を再度説明します。その場の雰囲気が良ければ、その際に応募した職種を担当出来るか否かを再確認することが非常に大切です。

転職エージェントを利用する

転職を失敗して後悔する応募者は、特定の求人サイトなど一つの手段しか使わないケースが多いようです。

転職に成功する応募者の多くに共通して言えるのは、必ず複数の手段で余さずに求人をチェックしていることが大切です。

ハローワークだけでなく、大型の求人サイト、さらには人材紹介会社のサイトもチェックして応募に臨みます。

大型の求人サイトといえば、テレビやメディア、インターネット広告で有名ですが、採用を行う企業がお金を払って求人を掲載する「求人広告サイト」のため、掲載されている求人はごく一部です。

より効率的に求人を収集するなら、複数の求人検索エンジンを比較してみましょう。また、転職経験者の友人・知り合いの意見を伺うことも大切です。

 

おすすめの転職エージェント

最もおすすめな転職エージェント「DODA」は、株式会社インテリジェンスが運営する転職サイトです。

業種・職種ごとの専任のキャリアアドバイザーがマッチングを行うDODAでは、転職相談から求人紹介、面接対策や応募書類作成をお手伝いしています。

また、サイトに掲載されている求人情報の数は国内最大級。職種、勤務地、こだわり条件などあなたの希望条件にマッチした求人検索も可能です。

さらにDODAでは、人事担当者と直接話ができるイベントのDODA転職フェアも年に数回、開催しています。

転職を希望する方々と中途採用を行う企業を結ぶ合同説明会では、人事担当者のリアルな声を聞くチャンスがあります。

DODAの転職サービスは、求人数、バリエーションに加えて求職者へのサポート体制も他社に劣ることがありません。

DODAだけ登録しておけば、転職エージェント選びは間違いないと言えるでしょう。

DODAの登録方法

DODAの登録方法はとても簡単で、名前や住所、電話番号などの個人情報を入力して、転職先の希望条件を書いていくだけです。

そのため、早い人だと3分もかからないかもしれません。

まず、DODAの登録ページに飛んでいただき、「会員登録する」というところで登録をします。

そこに個人情報とあなたの経歴を書いていただきます。

業種や年収、職種のところはわかる程度で大丈夫です。

一番下にある「自由記入欄」は、面談等をする際の日程の都合などを書いておくとスムーズに転職活動が進むでしょう。

登録が完了したら、後日DODAのコンサルタントから電話かメールなどで連絡が入り、実際に転職支援サービスを受けることができます。

 

まとめ

転職時の面接は人事部などが担当します。

人事部だけの面接で採用の可否が決定される場合は、転職後にこんなはずではなかった、条件との相違が著しい、残業や休日出勤が多いなどの後悔をします。

面接では応募した部門や部署の担当者と転職後の状況や役割、忙しさ、繁忙期の有無を確認する事が大切です。

人事部門・総務部門だけでは就業先部門の事態が不明瞭で有る可能性が多いため希望条件と実態に不整合を起こします。

企業に規模が大きくなれば、人事部門・総務部門と希望の部門との乖離が比例して大きくなります。そこで後悔が発生してモチベーションが降下します。

応募した部門の部門長や現場担当者との面談がない企業への転職はお薦め出来ません。後悔しないためにも希望職とご担当と接することがとても重要です。

スポンサーリンク