彼氏・彼女を嫉妬させる方法|LINE(ライン)テクニックまで

スポンサーリンク

彼氏・彼女を嫉妬させるLINE(ライン)テクニック

彼氏・彼女を嫉妬させる方法を先ほどご紹介させていただきましたが、嫉妬させるのにLINEだけで完結できるのであればそれに越したことはありませんよね。

そこで、ここではLINEで彼氏・彼女を嫉妬させれる方法をご紹介いたします。

わざと異性の友達とLINEしているのを見せる

男も女も、異性と他愛もない連絡をとっていると嫉妬をしてしまいます。

あえてスクリーンショットを使って「こんなLINEきた~」なんてLINEを送られて来たら間違いなく嫉妬させることができるでしょう。

異性との飲み会アピール

異性と飲み会に行っているアピールをすることができれば、嫉妬しない人はいないでしょう。

「このあと何かあったらどうしよう」「浮気されないかな」なんて思っている間に嫉妬心はたまっていくばかりです。

あえて時間を置いてLINEを返す

あえてLINEをしばらく返さないで放置しておく、という手もあります。

コチラの方法は、信用問題にもなりかねないのでやりすぎには要注意です。

異性の芸能人の画像を送ってネタにする

異性のアイドルの写真等を送り付けて「かっこいいー!」「可愛くない!?」のように送り付けることもとても有効です。

「私じゃないんだ…」「俺以外も好きなのかよ!」という人間の不安になる心理を揺さぶることが可能になるので、効果は抜群です。

 

恋人が嫉妬したときにとる行動

嫉妬させる方法をご説明しましたがわかりやすく男女で嫉妬したときに行動すつことが違いますので恋人の嫉妬は意外に気付かないことも多いのです。 では嫉妬したときに恋人はどのような行動をするのかご紹介します。

彼氏が嫉妬したときの行動

男性は独占欲が強く、あなたを家族にでさえとられたくありません。意外に嫉妬しているときはわかりやすい行動をしていることが多いかもしれません。

無口になる

普通に会話していたのに、いきなりなにも話さなくなって不機嫌になったりします。

好きの確認をしてくる

他の誰かに取られるかもと不安になっている彼氏は「俺のことどれくらい好き?」など確認してきたら嫉妬のサインです。

スキンシップをしたがる

男性は体の関係が浮気と思うようにスキンシップで愛情を確認します。嫉妬した時に急に抱きしめられたりします。

相手のスケジュールを管理したがる

嫉妬するとなにをしているか気になってしまうものです。「どこにいるの?」「なにしてるの?」とか聞いてきたり、度が過ぎると「何時までには家に帰りな」と行動を制限する場合もあります。

急に異性の話しを始める

自分が嫉妬したことが悔しいので彼女にも同じように嫉妬させたいという気持ちです。急に彼氏が異性の話をしだしたら彼女は嫉妬させるような言葉を言った可能性が高いです。

スポンサーリンク

彼女が嫉妬したときの行動

女性の場合は同性と比較して負けたと感じるときに嫉妬します。 敗北感からの嫉妬なので男性より少し感情的になりやすいのも女性の嫉妬の特徴です。

無口になったり不機嫌になる

この行動は男性と一緒ですね。ただ、女性の場合は少し怒った感じになる場合も多いです。

怒る

ストレートに感情をぶつけるタイプです。人によると思いますが、「なんで女の子と遊ぶの?」とか「なんで私と遊んでくれないの?」と自分の気持ちをはっきり伝えます。

異性と仲良くする

これも男性と同じで彼氏にも嫉妬してもらいたいと思っている行動です。彼氏は怒らず素直wに嫉妬すると女性も愛情を確認できます。

急にわがままになる

男性には理解しづらいかもしれませんが女性にとってわがままは愛情を確認する手段の一つです。本当にわがままを聞いてほしいのではなく、しっかり話を聞いて受け止めて欲しいだけの場合も多いです。

携帯チェック

携帯チェックは女性特有の嫉妬かもしれません。頭では携帯を見てもいいことはないとわかっていても「自分が本命かどうか」の確認をしたいのです。自分が本命だとわかると体の浮気があったとしても許してしまう女性も多いようです。

自分磨きを始める

独占欲が強い男性に対して女性は自分との比較で嫉妬します。同性で容姿端麗な女性や気配りが出来て品のある女性、自分よりも優れていると嫉妬してしますのです。嫉妬をパワーに変えて憧れる女性像に向かって自分磨きをしているのです。

 

最後に

いかがでしょうか?

彼氏や彼女を嫉妬させる方法をしっかりとマスターして恋愛をさらに盛り上げていってくださいね。

また、『男女で全然違う!苦しい嫉妬の正体と対処するための全知識』では、嫉妬に関わる全ての悩みを解決できるようにしていますので、ぜひご参考ください。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です