女性の嫉妬を攻略するための全知識

スポンサーリンク

嫉妬するということは、誰にでもあることです。小さな子どもですら、「お母さんを兄弟に取られたくない!」と、嫉妬することだってあるくらいです。

しかし、その嫉妬もエスカレートすれば、大変なトラブルへと発展しまうこともあります。とくに、女性の嫉妬ほど厄介なものはないと思いませんか?男女問わず、女性の嫉妬によって、さまざまなトラブルに巻き込まれたことがある人は多いと思います。

できれば、女性の嫉妬によるトラブルは避けていきたいところですよね。そこで、なぜ女性の嫉妬は厄介なのか、なぜ女性は嫉妬するのかなど、女性の嫉妬に関する情報をご紹介いたします。

女性の嫉妬の特徴

女性の嫉妬が男性の嫉妬よりも厄介な理由は、女性と男性の心理が違うからです。そのため、女性の嫉妬と男性の嫉妬では、いくつか違った特徴が見られます。

ここでは、女性と男性の嫉妬の違いや、女性が嫉妬したときの態度や行動などをご紹介します。

スポンサーリンク



嫉妬している女性の心理について

女性は、嫉妬したとき、ネガティブな感情になってしまうことが多いです。その理由は、女性は男性に比べて競争心が低く、ナンバーワンになるよりも、オンリーワンな存在で居たいと思う人が多いからです。

例えば、自分よりも仕事ができる人や、容姿がいい人が現れた場合、男性は競争心が高いため「ライバルに勝ってやる!」というように、ナンバーワンを目指します。
しかし、女性は競争心が低いため「輝いているのは私だけでいい」と思ってしまうのです。

もちろん、女性の中にも、相手に嫉妬をすることで、男性のようにライバルに勝ってナンバーワンを目指したいと思う人もいます。

しかし、多くの女性は競争心が低いので、ライバルに勝とうと思うのではなく、ライバルが現れたことで、自分が「捨てられるのではないか」「嫌われるのではないか」というようにネガティブな感情になってしまうのです。

そして、ネガティブな感情になったことで、態度や行動に嫉妬心が現れ、トラブルへと発展していってしまうのです。

嫉妬している女性の態度について

嫉妬している女性は、攻撃的になったり、無口になったり、必要以上に情報を聞き出そうとしてきたりします。

女性は自分が「1番」になりたいとは思っていません。「1番」になりたいのではなく「2番も3番もいらない」と思っているのです。

例えば彼氏に仲のよい女友達がいる場合、その女友達がオンリーワンの存在になってしまうのではないかと思い、不安や不信感でいっぱいになります。

不安な心理状態に陥ってしまうと、イライラして攻撃的な態度をとってしまったり、不機嫌になって無口になってしまったり、女友達といっしょにいないか・ほかの女の子と遊んでいないかなど、必要以上に情報を聞き出そうとしてきたりするようになります。

嫉妬している女性の行動について

また、嫉妬をしている女性は、周りに自分がオンリーワンの存在だということをアピールするようになります。

例えば、友達でも彼氏でも共通することなのですが、周りに友達や知り合いが複数人いる中で、「○○って昔からこういうのが好きなんだよね!」とさり気なく、あなたをよく理解しているのは私だけだよというアピールをすることがあります。

ほかにも、彼氏や、ライバルのSNSを必要以上に観察することもあります。それ以外の行動としては、いつも以上に甘えてきたり優しくなったり、ワガママになったりと、いつもとは少し違った行動をするようにもなります。

嫉妬しやすい女性とは?

嫉妬は誰にでも持っている感情であり、嫉妬することはごく自然なことなので、嫉妬すること自体は悪いことではありません。しかし、いき過ぎた嫉妬心はトラブルのもとです。できれば、嫉妬し過ぎる女性とはかかわらないほうが吉。

では、嫉妬によるトラブルに巻き込まれないためにも、どのような女性が嫉妬しやすい女性なのか見てみましょう。

過去にトラブルを抱えている女性

過去に、自分の彼氏が浮気をしていたり、親の不倫が発覚したりなど、自分やごく身近なところでトラブルが起こっている女性は、人を信じることができなくなってしまっている傾向があります。
もちろん、口では「信じている」と言うかもしれませんが、心理的には不安でいっぱいになっているのが現実です。

なので、少しでも帰りが遅いと「本当に残業なのかな?」とすぐに疑ってしまったり、「あなたが不安させるから、私はこんなにも辛い思いをしているんだ!」と、相手を責めたりするようになります。

このように、過去にトラブルを抱えている女性は、相手に嫉妬しやすい傾向にあります。

スポンサーリンク



高学歴や高キャリアの女性

高学歴な女性や高キャリアの女性は、どちらかと言えばオンリーワンよりナンバーワンで居たい男性寄りの心理状態にある女性です。

このような女性は、小さなころから比較されて育ってきた人が多く、ライバルたちに負けたときの悔しさをよく知っています。なので、悔しい思いをしたくないと、ナンバーワンを目指す傾向があります。
そして、このようなタイプの女性は、嫉妬をすることで競争心を芽生えさせ、自分を安定させるタイプなので、嫉妬しやすい女性ということになります。

また、相手が好きだから嫉妬する・相手に勝ちたいから嫉妬するというよりも、浮気されないように自分を磨く・自分の立場が悪くならないように仕事をするというように、自分を守るために嫉妬することが多いです。

自信がない女性

人は誰でも自分に自信がない部分はあると思いますが、あまりに自信がない女性は、つねにネガティブな感情になっていることが多く、嫉妬しやすい傾向があります。

自分に自信がないと、「あの子のほうがかわいいから自分は負けてしまっている」「どうせ私のほうが仕事ができない」「私のほうが性格悪い」というように、相手とつねに比べてしまうことが多く、嫉妬しやすいようです。

嫉妬は相手より「負け」ていると感じるときに芽生える感情であるため、つねに相手と比較して自分が負けている部分を探してしまうような、自信がない女性は、大なり小なり嫉妬することが多くなります。

女性の嫉妬の原因

 

嫉妬の原因はさまざまですが、大きく分けると自分が負けていると感じる優劣が原因の嫉妬と、彼氏や好きな人が取られるのではないかという恋愛関係の嫉妬にわけられます。

では、どのようなときに女性は嫉妬をしてしまうのか、嫉妬の原因を見てみましょう。

職場で嫉妬している女性の場合

職場で嫉妬している女性は、自分が「負けている」と感じていることが原因で嫉妬をしています。要するに、相手との優劣関係による嫉妬です。

例えば、自分よりも後から入ってきた新人が、自分よりもいい成績を出したり、褒められたりしたときに、「負け」を感じて嫉妬してしまいます。

ほかにも、自分よりも若くてかわいい女性が入ってきた場合も、男性にちやほやされている姿を見て、「負け」を感じて嫉妬するようになります。

このように職場で嫉妬している場合は、「負け」を感じていることが主な原因となります。

スポンサーリンク



恋愛で嫉妬している女性の場合

恋愛で起きる嫉妬の場合は、やはり、彼氏や好きな人を取られたくないという感情が主な原因となります。

「あなたにとって私が1番」と思うのではなく、「あなたにとって必要なのは私だけでいい」という、ナンバーワンよりオンリーワンでいたいがために、嫉妬をしてしまいます。

恋愛関係の嫉妬は、大きなトラブルに発展することも多いため注意が必要です。

友達へ嫉妬している女性の場合

女性は、仲のよい友達に嫉妬することもあります。

例えば、友達がダイエットに成功して綺麗になっていたり、イケメンで高収入な彼氏ができたり、充実した日々を送っていたりなど、自分が友達に「負けている」と感じたときに嫉妬してしまいます。

この場合の嫉妬は、友達との優劣関係による嫉妬であり、ときにはトラブルへと発展し、友情が壊れてしまうこともあります。

原因別!女性の嫉妬の対処法

女性は基本的に嫉妬しやすい生き物であるため、嫉妬されないようにするのは難しいです。

しかし、トラブルに巻き込まれないように、対処することはできます。そこで、女性の嫉妬に対する対処法をご紹介いたします。

優劣関係の嫉妬の場合

優劣関係の嫉妬の場合、相手に「負けている」と感じることが原因です。どんなときに「負けている」と感じるのかは人によりますが、あまり相手に劣等感を与えないようにするのがベターです。

まずは、あまり自慢話をしないことです。男性の場合、自慢話をされていも競争心が高いため「いいなー!俺も頑張ろうかな!」と、自分も負けないようにしようとする人が多いですが、女性の場合は「へー。なにそれ自慢?」とネガティブに捉えられてしまうことが多いので、自慢話はしないようにしましょう。

ほかにも、嫉妬をされないように、自分の弱い部分や苦手な部分、失敗談などを話すということも効果的です。「とても綺麗な人なのにこんな失敗をしているんだ…。」「とても幸せそうなのに、実際は大変なんだ…。」と、少しでも相手より勝っているところが見られればそれでいいのです。そうするだけでも、嫉妬の対象から外れやすくなります。

恋愛関係の嫉妬の場合

彼氏や好きな人にとって、オンリーワンな存在でいたいと思うのが女性です。男性の場合は、彼女にとっての1番になりたいと思うようですが、女性の場合は、彼にとって必要なのは私だけでいいと思ってしまうのです。

なので、恋愛関係で女性の嫉妬されないようにするならやはり、周りの女性とは距離を置くことがおすすめです。
もちろん、すべての女性と縁を切れと言っているわけではありません。中には、電話帳からSNSまで女性と切って欲しいと言う人もいますがそれは一部の女性であり、ほとんどの女性は、縁は切らなくていいけど私だけを見て欲しいと思っています。

そのため、極力女性と連絡をとらないようにしたり、彼女の前ではほかの女の人についてのお話をしないようにしましょう。

スポンサーリンク

嫉妬はウラナの無料占いでラクラク克服



嫉妬はどうしても1人で考えてしまいがちですが、最も効果的に嫉妬を克服するためには誰かに相談することも大切です。
そのため、占い師にしっかりとしたアプローチをしてもらうことによって、心が軽くなることは間違いないです。
しかし、占いも怪しいところがたくさんあり、どれを選べばいいかわかりませんよね。

そこで、弊社が50以上もの占いを利用してみた結果、最もおすすめだったのが『ウラナ』です。
あの「ルナルナ」を運営している会社の占いサービスなので安心して使うことができ、正しく嫉妬を克服できます。
今だけ初回は無料で占うことができるので、必ず使うべき占いサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です