女性の嫉妬を攻略するための全知識

スポンサーリンク

嫉妬しやすい女性とは?

嫉妬は誰にでも持っている感情であり、嫉妬することはごく自然なことなので、嫉妬すること自体は悪いことではありません。しかし、いき過ぎた嫉妬心はトラブルのもとです。できれば、嫉妬し過ぎる女性とはかかわらないほうが吉。

では、嫉妬によるトラブルに巻き込まれないためにも、どのような女性が嫉妬しやすい女性なのか見てみましょう。

過去にトラブルを抱えている女性

過去に、自分の彼氏が浮気をしていたり、親の不倫が発覚したりなど、自分やごく身近なところでトラブルが起こっている女性は、人を信じることができなくなってしまっている傾向があります。
もちろん、口では「信じている」と言うかもしれませんが、心理的には不安でいっぱいになっているのが現実です。

なので、少しでも帰りが遅いと「本当に残業なのかな?」とすぐに疑ってしまったり、「あなたが不安させるから、私はこんなにも辛い思いをしているんだ!」と、相手を責めたりするようになります。

このように、過去にトラブルを抱えている女性は、相手に嫉妬しやすい傾向にあります。

スポンサーリンク



高学歴や高キャリアの女性

高学歴な女性や高キャリアの女性は、どちらかと言えばオンリーワンよりナンバーワンで居たい男性寄りの心理状態にある女性です。

このような女性は、小さなころから比較されて育ってきた人が多く、ライバルたちに負けたときの悔しさをよく知っています。なので、悔しい思いをしたくないと、ナンバーワンを目指す傾向があります。
そして、このようなタイプの女性は、嫉妬をすることで競争心を芽生えさせ、自分を安定させるタイプなので、嫉妬しやすい女性ということになります。

また、相手が好きだから嫉妬する・相手に勝ちたいから嫉妬するというよりも、浮気されないように自分を磨く・自分の立場が悪くならないように仕事をするというように、自分を守るために嫉妬することが多いです。

自信がない女性

人は誰でも自分に自信がない部分はあると思いますが、あまりに自信がない女性は、つねにネガティブな感情になっていることが多く、嫉妬しやすい傾向があります。

自分に自信がないと、「あの子のほうがかわいいから自分は負けてしまっている」「どうせ私のほうが仕事ができない」「私のほうが性格悪い」というように、相手とつねに比べてしまうことが多く、嫉妬しやすいようです。

嫉妬は相手より「負け」ていると感じるときに芽生える感情であるため、つねに相手と比較して自分が負けている部分を探してしまうような、自信がない女性は、大なり小なり嫉妬することが多くなります。

女性の嫉妬の原因

 

嫉妬の原因はさまざまですが、大きく分けると自分が負けていると感じる優劣が原因の嫉妬と、彼氏や好きな人が取られるのではないかという恋愛関係の嫉妬にわけられます。

では、どのようなときに女性は嫉妬をしてしまうのか、嫉妬の原因を見てみましょう。

職場で嫉妬している女性の場合

職場で嫉妬している女性は、自分が「負けている」と感じていることが原因で嫉妬をしています。要するに、相手との優劣関係による嫉妬です。

例えば、自分よりも後から入ってきた新人が、自分よりもいい成績を出したり、褒められたりしたときに、「負け」を感じて嫉妬してしまいます。

ほかにも、自分よりも若くてかわいい女性が入ってきた場合も、男性にちやほやされている姿を見て、「負け」を感じて嫉妬するようになります。

このように職場で嫉妬している場合は、「負け」を感じていることが主な原因となります。

スポンサーリンク



恋愛で嫉妬している女性の場合

恋愛で起きる嫉妬の場合は、やはり、彼氏や好きな人を取られたくないという感情が主な原因となります。

「あなたにとって私が1番」と思うのではなく、「あなたにとって必要なのは私だけでいい」という、ナンバーワンよりオンリーワンでいたいがために、嫉妬をしてしまいます。

恋愛関係の嫉妬は、大きなトラブルに発展することも多いため注意が必要です。

友達へ嫉妬している女性の場合

女性は、仲のよい友達に嫉妬することもあります。

例えば、友達がダイエットに成功して綺麗になっていたり、イケメンで高収入な彼氏ができたり、充実した日々を送っていたりなど、自分が友達に「負けている」と感じたときに嫉妬してしまいます。

この場合の嫉妬は、友達との優劣関係による嫉妬であり、ときにはトラブルへと発展し、友情が壊れてしまうこともあります。

スポンサーリンク

このサイトからAmazonを使うとお得にお買い物ができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です