【大学へ入る意味】苦しい大学受験を通じて得られるものとは?

スポンサーリンク

こんにちは、タイガです。

大学受験ってなんのためにやっているのだろう?勉強なんて将来役に立つの?給料良くなるからとりあえず勉強しておこう…

こんなこと考えているあなたに僕は言いたい。無理にやる必要はない、と。

そんな進路悩める系学生に向けて役に立つ、僕なりの解答を書いていきたいと思います。

 大学受験が苦しい

juken28

僕は受験時代ずっと思ってました。苦しい、と。でも、こんな感情あったままで受験して成功する人っているんでしょうか?少なくとも僕は失敗しました。

成功している人と、失敗している人の差って、好きでやっているか、やりたいことがあるからやっているか。などなど、勉強そのものに意味を見いだせているかどうかだと僕は思います。

いま、この記事を読んでいるあなたはきっとやる気が起きなかったり、受験勉強に意味を見いだせずにイマイチ踏み出せていない方だと思います。

そんな方にこそ、ぜひ自分が何をしたいかを確認してもらいたい。

みんな苦しい

受験勉強、これを楽しいと思える人以外はみんな苦しいんです。実際に勉強している時間がそうでもなくても、精神的なものかもしれませんが、とても苦しく感じるんです。

それは、何か将来やりたいことがある。のような目的をもって勉強している人も感じるものだと思います。終わりが見えないせいかたまっていくストレス…

でも、これは受験生ならみんな感じているんです。隣の席のいつもギャーギャーうるさいギャル子ちゃん。後ろの席でゲームばっかしているゲム男くん。机の中が異常に汚い前の席のケガレくん。

みんな受験生なら苦しいんです。そう思ったら頑張れる気がしませんか?

なぜやっているのか

人って何をやっているかよりなぜやっているかを認識したほうがやる気って起きるんです。もしここで、勉強している意味がないと感じたのであれば、勉強なんかはかどるわけないですし、やる意味ないです。

自分は何を目的にやっているのか、何が楽しくて勉強しているのか、もう一度確認しなおしてみましょう。

例えばもしあなたが、大企業で働きたいと思ったのであればそれは受験勉強は必要でしょう。必死こいて有名大学に入る必要があるでしょう。

では、あなたが美容師になりたいのであれば受験勉強なんてする意味ないでしょう。美容師の勉強を必死に勉強してそっちのトップになったほうがよっぽど将来明るいです。

じゃあやりたいことがなんもないしなぜやっているのかもわからない人。いると思います。というか大多数がこんなこと思っている人でしょう。親に勉強しろしろ言われて、とりあえず将来のためにやっておこう。

確かに、親の立場になってみればこの道が無難なので薦めたがる気持ちもわかります。

でも、大学卒業してなんとなく就職してお金をもらって。なんてことしていたらつらいだけだと思います。

せっかくの自分だけの人生、自分の好きなことをして生きていきたいですよね。

その自分のやりたいことを探すためにも、いろいろなことに挑戦してみるのが良いと思います。大学生ですればいいじゃないかと言う人もいますが、自分の進路を大きく決める高校生にこそ僕はやってもらいたい。

それでもやりたいことが見つからなかったら大学もいかなくていいです。自分がやりたいことが見つかるまで勉強なんてしなくていいんです。自分のやりたいことがあったらそのために頑張りますよ。その頑張りのほうが嫌々やっている人の頑張りより強いです。

ぜひ、見つけてみてください。

 

大学受験を通じて僕が得たもの

juken25

僕は、大学受験を通して得たものは正直言ってほとんどありません。

これは、嫌々やっていたからなのかなあとも思いますが、これほどにも大学受験は意味がないと、僕は思います。

そんな僕が得たものについてお話していきましょう。

やりきった達成感

これは誰にでもあるのではないでしょうか。終わりの見えない戦いをずっとしてきたので、二次試験がすべて終わったときの清々しさは半端ではないです。

大学での友人

これは、大学入学してからの話になりますが、やはり友達とは将来財産ともなりえますし、なくてはならないものだと思います。それを得られるというのはとても大事なことでしょう。

周囲からのおめでとう

大したことではないんですけど、親戚なんかの人たちに「おめでとう」とか言われるのって悪い気はしないです。僕の場合はすべり止めの合格となってしまいましたが、それでも「おめでとう」をもらうことが出来てうれしかったので、いいことなのです。

 

大学に入る意味

juken26

大学に入って、卒業して、就職するんだ!って人はそれでいいんです。でも、最初はそうでもみんな考えが変わってくるんではないでしょうか。僕もそのうちの一人です。

では、大学に行ってどのようなことが出来るのか、意味はあるのか、見ていきましょう。

卒業して就職

卒業して就職。これ、大学入っている人ほとんどの人の目標だと思います。それで満足している人はいいんです。でも、就職したくないなあ、もっと違う分野に進めばよかった。そんなことを思っている方は考え直したほうがいいかもしれません。

資格を取ってなりたい自分になる

ある意味、一番模範的な大学生活を送ることが出来るでしょう。真面目に資格を取って、なりたい自分になる。響きはとてもかっこいいですよね。そういうことが出来る人は将来有望でしょう。

サークルに入って遊びまくる

これ、ほとんどの学生が最初思うでしょう。サークルに入って飲み会、合コン、あわよくば恋人も…。こういう生活もアリでしょう。でも、僕もそうでしたが、こういうことしていると反動か知らないですけど、真面目に生きたい。そう思うことがあるのではないでしょうか。

 

まとめ

juken27

いかがでしたでしょうか。この記事を見て、やりたいことを見つけることが出来たら自然とそれに向けて頑張れると思います。ぜひ、皆さんも大学受験だけに縛られるずに、広い視野を持てるようになれるといいですね。

スポンサーリンク

コチラの記事も必見!



ABOUTこの記事をかいた人

元ジュノンボーイコンテストファイナリスト。主にWEB上で男性観点の恋愛、仕事について発信しています。最近はTwitterの活動にも力を入れていますので、ぜひフォローよろしくお願いします。本業でSEOコンサル・WEBライター・新規営業もやっています。