最強の受験勉強ツール!受験日記のオススメな使い方

スポンサーリンク

こんにちは、タイガです。

皆さんの中には日記を毎日つけている方はどれくらいいるでしょうか?女性の方とかは使っている方が多いかもしれませんが、つけてないかたも多いと思います。

実はこの受験日記、とても受験に役立つツールであることを知っていましたか?

今回は、そんな受験日記のオススメな使い方を紹介していきたいと思います!

どんな手帳を使うのか

juken35

手帳って持ってますか?バイトをしている人は持っていると思いますが、普通の学生であれば持っている人は少ないと思います。

まずは、手帳の選び方についてから。受験日記をつけるために最適な物はどんなものか、見ていきましょう。

あまりいいものは使うな

高校生であればたくさんお金を使うのはもったいないです。たしかに、日記をいいものにすればモチベーションも上がるのかもしれませんが、誰に見せるわけでもない、自分だけで管理するものなので、安めのやつでいいんです。

百均とかに売ってるもので十分です。ただ、できるだけ大きいものを選ぶようにしましょう。

シンプルで見やすいデザインのものを

ここがかなり重要なポイントになってきます。ごちゃごちゃして見えるような日記は読み返したくありませんよね。

読み返しても自分が納得できるような日記を作ってほしいのです。

シンプルで見やすい大きめなゆったりとしているデザインの手帳を子移入するのをオススメします。

 

勉強の記録をつける

juken36

ここからは、受験日記の使い方についてです。自己満足の日記で十分なのですが、「今日は○○と遊んだ。楽しかった。」みたいな日記では受験には何の役にも立ちません。

なので、しっかり受験用の日記と割り切って、将来自分のためになるようなものを作りこんでいきましょう。

毎日の自分の勉強時間を管理

ここが一番の目的と言っても過言ではありません。毎日の勉強時間を管理することです。

自分が今日何をどれくらいしたのかわからなければ、自信につながっていきません。その自信がないせいでモチベーションが下がったりして、負のスパイラルに陥ってしまいます。

では、具体的にどのように書いていけばいいか。

英語単語30分
数学基礎1時間
国語古文

1時間

こんな感じで大丈夫です。科目のところを色分けすると見やすくなっていいかもしれませんね。

内容まできっちりと書く

時間を書いたら下に何をしたかをメモしておきましょう。どんな参考書を使ったのか、どのような勉強法で実践していったのか、後で振り返ってわかるレベルで簡単に書きましょう。

ここを書いておくことで、模試なんかで自分がどの偏差値くらいまでいけるかなど、おおまかな予想を立てていくことが出来ます。

思ったことも書く

今日1日自分が勉強していて、どのように思ったか、感じたか。書いていきましょう。苦しい、けど頑張った。みたいなことが書いてあると頑張ったんだなあと思えるし、さぼってもた。みたいなことが書いてあったら今日の勉強時間増やさんとな。みたいな焦りとかも出てくると思います。

こういう勉強していて思ったことをメモ程度に書いていきましょう。

 

PDCAサイクルを書く

juken37

ほとんどの東大合格者が使っていた!?PDCAサイクルとは

この記事で紹介したPDCAサイクルというものをメモ欄にでも書いていきましょう。手帳に落とし込んでいくことで、いつでも見られるようになってとても便利です。

 

まとめ

juken38

受験日記の使い方がわかりましたでしょうか。これを読んだだけで実行しないのではただ時間を消費しただけになってしまいます。ぜひ、行動をおこして受験日記をつけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コチラの記事も必見!



ABOUTこの記事をかいた人

元ジュノンボーイコンテストファイナリスト。主にWEB上で男性観点の恋愛、仕事について発信しています。最近はTwitterの活動にも力を入れていますので、ぜひフォローよろしくお願いします。本業でSEOコンサル・WEBライター・新規営業もやっています。