マウンティングされやすい人の特徴と具体的な対処法

スポンサーリンク

「マウンティングされて困っている」

そのような悩みを抱えている人達が多いでしょう。実際に私もマウンティングされたことがあり、それが原因で友達と会うのが恐怖になってしまったこともあります。しかし、マウンティングされやすい人には特徴があり、その特徴をされ抑え対処をしていけばマウンティングに悩むこともなくなるでしょう。そこでこの記事ではマウンティングされやすい人の特徴とマウンティングされた場合の対処法についてご紹介いたします。

マウンティングされやすい人の特徴

マウンティングされやすい人の特徴は大きく分けて「自分を持っていない」「嫉妬される」「いい人」などといった特徴があります。マウンティングする側にも心理がありこちらについては後ほど説明しますが、マウンティングの対象となりやすい人がいるのです。そこでここではマウンティングされやすい人の特徴についてご紹介いたします。

反論しなさそうな人

反論しなさそうな人はマウンティングの対象となりやすいです。なぜならは反論しない人は自分が言うことをなんでも聞くと思われがちだからです。そのため見下しそうな人はマウンティングの格好の獲物となってしまうのです。逆に反論する人は「私この人に反論しても大丈夫なのかな?」「マウンティング逆にされるのではないか?」という不安に与えられるのでマウンティングされない傾向にあります。

自分を持っていない

自分を持っていない人はかなりマウンティングの対象となりやすいです。なぜなら人の意見に流されやすい人という印象を持たれてしまうためこの人に何を言っても許されそうだと思われがちだからです。こういうイエスマンタイプの自分を持っていない人は、マウンティングされることを嫌がる傾向にあり、マウンティングに一番悩む人多いでしょう。

手が届きそうな人

手が届きそうな人もマウンティングの対象となります。実際に自分よりはるかに優れている人に対してはマウンティングしても勝てる気がしないのでマウンティングしようとも思われませんが、自分でも手が届きそうだと思った人に対してはちょっと優れているだけでもマウンティングの対象となってしまうことがあります。例えば自分よりちょっとモテているクラスの女の子に対して、「本当は自分の方が可愛いのに」などと思ってしまうとマウンティングが始まってしまうのです。このように手が届きそうな人はマウンティングの格好の獲物となります。

天然でふわふわしている

天然でふわふわしている人は自分を持っていない人と同じような感じではありますが、マウンティングされやすい人の特徴的な例でもあります。手が届きそうで何を言っても許されそうと思われがちなふわふわ系の天然キャラだと、マウンティングしても許されそうな気がします。そういった心理により天然でふわふわしている人はマウンティングされやすい傾向にあるのです。

良い人

いい人とよく言われる人もマウンティングされやすい傾向にあります。なぜならいい人はイエスマンになりがちで何をしても許されると思われてしまうことも多々あるからです。もちろんいい人だからダメというわけではありません。ただいい人の中でも自分の持ってないいい人になってしまうとマウンティングされやすくなってしまうのです。

マウンティングされた場合の対処法

ここまでマウンティングされやすい人の特徴について書きましたが、ここからは実際にマウンティングされた場合の対処法についてご紹介いたします。もうマウンティングで悩まないといいですね。

マウンティング仕返す

実際にマウンティングをされた場合はマウンティングし返すのもひとつの手でしょう。マウンティングしていた相手が自分にマウンティングしてきたら「この人はマウンティングしてはいけない人だ」と煩悩的に思ってしまうため、マウンティングし返すことも重要な手です。

無視する

無視をすることはマウンティングされた場合の最大の対処法でもあります。なぜならば、「はいはい」「わかったわかった」などのような態度をとられてはマウンティングする人からすればつまらない態度になってしまうからです。そのためもうこの人とは関わらなくてもいいやと思える人であれば無視をして距離を置くことも大切なことでしょう。

相手を褒める

のちほど解説しますが、マウンティングする人は本当は寂しい自信がないと言った感情からマウンティングする傾向にあります。そのため相手を褒めることによってマウンティングしようという気持ちがなくなり、マウンティングされなくなることも多々あるでしょう。この対処法はマウンティングしてくる人とまだ仲良くしていたい場合に使うべき対処法となります。

マウンティングする人の心理

一体マウンティングをする人はどのような心理でマウンティングしているのでしょうか?ここではマウンティングする人の心理についてご紹介いたします。

自分に自信がない

マウンティングする人は自分に自信がないからマウンティングすると言われています。自分に自信がないため相手を蹴落とすことでしか自分の承認欲求を満たすことができないため、マウンティングという手法を使ってしまうのです。なのでマウンティングしてきた人がいれば「この人は自信がないんだなぁ」と思ってあげることも優しさのひとつでしょう。

認められないから寂しい

自分に自信がないとも関連しますが誰からも認められなくて寂しくなってしまうことでも、マウンティングしてしまう人もいるのです。「なんで?」と思う人もいるかもしれませんが、自分が認められていないのに他の人が認められてるところを見ると嫉妬してしまいその人を蹴落とそうとしてマウンティングしてしまうのです。本当は自分が認められたいのに他の人を落とそうとしてしまうので、イメージが悪くなってしまうのは本当に可哀想なことです。

嫉妬される男女の特徴と明日から嫉妬されないためのケース別対処法

2018.01.01

スポンサーリンク

コチラの記事も必見!