パラレルワールド(並行世界)は存在する!?

スポンサーリンク

今回の考察コーナーは「パラレルワールド、通称:並行世界は存在するのか」ということについてタイガとはやちんで語り合いました。二人がたどり着いた答えとは・・・

はやちん:タイガ!

タイガ:ん?

はやちん:今回のお題はパラレルワールド!

タイガ:パラレルワールドってさー、よく聞くんだけどどういうものなの?俺よくわかってないんだよね。

はやちん:んーと、並行世界って言われてるもの。

タイガ:ほほう・・・

はやちん:なんだろうな。今俺たちがこうやって存在して話している世界とは全く違う別次元の俺たちがいるみたいな感じかな。そういった世界のことをパラレルワールドって言ったりするんだけど。

タイガ:へーなるほどね。

はやちん:まあ間違ってるかもしれないけどこれが今俺がパラレルワールドとはこういうものだって認識ている知識かな

タイガ:へー。じゃあはやちん的にパラレルワールドにいるはやちんはどういう人なの?

はやちん:なんか1つの説なんだけど、容姿は全く一緒なんよ。

タイガ:ほうほうほうほう。

はやちん:でも性格とかは正反対らしい。それこそ鏡に映したみたいな感じで・・・

タイガ:じゃあお前だったらクソ陰キャの・・・

はやちん:お、おう・・・(笑)

タイガ:超エリートみたいな?

はやちん:んー違うな。クソ陰キャの超根暗の超バカみたいな感じかな・・・?たぶん。

タイガ:いや(笑)超バカはこの世界のお前じゃん(笑)

はやちん:お前・・・言ってくれるな

タイガ:(笑)

はやちん:でも行きたいよね。パラレルワールドに。まあまず存在するかどうかってとこだけど・・・

タイガ:そうだよねえ

はやちん:そういうパラレルワールドみたいな話ってまず発端はどこなんだろうな。やっぱ学者が唱えたりしたのかな。

タイガ:あーそうなのかな

はやちん:並行世界説みたいな?

タイガ:なんかすごい妄想が激しい人が書いてたりするんじゃない?そんでそういう今の自分に満足していない人たちが「もう1つの世界に行ったら、自分はもっといい生活をしてるんじゃないか。」とか妄想したのが始まりだったりするんじゃないかなって

はやちん:お!なるほど。それ全然あり得るね。そうやって考えていって自分だけでは抱えきれず我慢できずに説として世の中に出しちゃったみたいな?

タイガ:それだわ(笑)

はやちん:いいね。その考え(笑)実際会ってみたくない?自分の真逆の性格がどういうものなのかって気にならない?

タイガ:気になるよ!

はやちん:自分の真逆の性格はどんなんだと思う?

タイガ:そうだねえ。協調性のある人かな?

はやちん:んーどうだろうな。お前自分では気づいてないかもしれないけどすごく協調性があるわけじゃないけどそんなにないわけでもない。中間だね(笑)だからあんまり変わんないと思う(笑)

タイガ:なるほど。中間はあんまし変わんないのか。

はやちん:パラレルワールドに行く方法考えようぜ

タイガ:いいね

はやちん:それこそ俺はやっぱり鏡に突っ込んだりするしかないのかなって思ったりしてるけど・・・

タイガ:なるほどね!

はやちん:「君の名は」てきな。ちょっと違うか(笑)お前はさ理系として物理的に行くとしたらどう考えてんの?

タイガ:それ言いたい!さっきの鏡の時にちょっと考えたんだけど。

はやちん:なに?

タイガ:中学生の時とかに理科の授業で火をつけたろうそくとかを凸レンズを通したりすると反対に移ったりするやつあったじゃん?

はやちん:あー!実像とか虚像とかのやつね。

タイガ:そうそう!そういうのがパラレルワールドだったりするんじゃないかなって思ったけど

はやちん:あ!じゃあさ世の中に鏡とかってたくさんあるじゃんか。

タイガ:うん

はやちん:鏡の向こう側の世界がパラレルワールドで、鏡に映ってるのは自分の姿じゃなくてパラレルワールドにいる自分が向こう側の世界で同じ行動してる!みたいなかんじなんじゃない?ほら!パラレルワールドってありあらゆるものが反対になるっていうし!

タイガ:その考え超いい!おもしろい!

はやちん:だよね!そう考えると超面白いくない?

タイガ:世界が超楽しく感じられるわ!

はやちん:うん!向こうの世界からしたらこっちは鏡みたいな。だから俺たち向こうの世界の鏡の中で生活してんだよ

タイガ:この鏡の長方形に区切られた部分しか俺たちは向こうの世界を見ることができないけれど、って感じだね

はやちん:案外すごく身近にあったりすんのかもね。パラレルワールドの入り口って。

タイガ:なんかちょっと怖い(笑)

はやちん:たしかに若干不気味ではあるな(笑)結果お前はパラレルワールドが存在すると思う?

タイガ:ぶっちゃけ思わないね。

はやちん:そうなんだ(笑)意外とそういうの信じない人なんだね

タイガ:うん。神様とかは信じるけど。お前は信じてんの?

はやちん:うん。信じてる。っていうか信じたいって感じかな(笑)

タイガ:そうか。じゃあお前は向こうの世界のお前を気になってるんだな。

はやちん:そう!だから向こうの世界の俺はこっち側の世界のことなんか信じてなくて気にしてないけど、向こう側のお前は信じててすごく気になってるわ(笑)

タイガ:なるほど(笑)

スポンサーリンク

コチラの記事も必見!



ABOUTこの記事をかいた人

元ジュノンボーイコンテストファイナリスト。主にWEB上で男性観点の恋愛、仕事について発信しています。最近はTwitterの活動にも力を入れていますので、ぜひフォローよろしくお願いします。本業でSEOコンサル・WEBライター・新規営業もやっています。