【パソコン初心者でもわかる】プログラミングとは?意味や勉強法まで

スポンサーリンク

こんにちは、タイガです。

このIT時代、プログラミングが重要だとか言われてもパソコンなんて検索でしか使わないもん!って方にとってはなんのことかさっぱりだと思います。

でもそこで諦めてしまうのはとてももったないことなんです。

そんな方に向けて、わかりやすくまとめてみました。

プログラミングって何?

pro4

プログラミングって聞くと、理系っぽそうとかオタクっぽいなんてイメージを持たれている方は多いと思います。正直に言いましょう。実際そうです。

ですが結構覚えることが多く、文系の方のほうが有利と言いますか、才能が開花しやすいと思います。実際、テクノロジーの最先端を行くホリエモンや、佐藤航陽さんなんかは元文系の方なんです。まあこの元ってのがものすごく大事なんでしょうけど。

理系っぽいところと言えば、よくわからない黒い画面でカチャカチャしているところとか、論理的にコードを書かなければいけないところくらいです。

 

ではプログラミングとは何か、初心者の方に向けて一言で説明致しましょう。

パソコンに命令を出すこと

これだけです。

ジャイアンがプログラミングのコードで、のび太君がパソコンだと思ってください。ジャイアンはのび太君に命令します。そうするとのび太君は必ずジャイアンの命令に従いますよね。それと同じです。

コードに必ず従うのがパソコンなのです。そしてそのコードを書くことをプログラミングと呼んでいます。

ちなみにWikipediaにはどう書いてあるかというと

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

引用元:Wikipedia

なんて書いてあります。初見だと意味不明ですよね。

 

どのような職業があるのか

pro6

プログラミングを趣味で学んでいる人はいると思いますが、勉強している大体の方は作りたいものがある!とか仕事がほしい!とか、金持ちになりたい!などなど、何か目的を持って勉強をされていると思われます。

では、プログラミングを勉強するとどのような職業につけるのでしょうか。見ていきましょう。

 

エンジニア

スキルさえあれば、転職も容易く求人もかなり待遇のいい職業、エンジニア。エンジニアと言っても色々な種類がありますがそれは学ぶプログラミング言語によって変わるもので、つくる対象が全然変わってきます。

ハードウェアの開発、メンテナンスなどの業務を行うシステムエンジニア(通称SE)、WEBサイトに動きなどを出させたりするフロントエンジニアなど、実に様々な種類のエンジニアが存在します。

どのエンジニアにも共通することと言えば、人々の生活を良くするものをつくる仕事だということです。つまり、ものづくりなんです。そう考えると、とても華やかな職業ですね。

ご自身で情報発信されている方、相当なスキルを持っていていろんな企業に引っ張りだこな方、仲良くさせてもらっているクライアント様がいらっしゃる方なんかは、自分で仕事をもらって好きな時に好きなだけ仕事をするようなノマドワーカーとして活躍することも出来ます。

フリーランスで年収1000万に…副業でガッツリ稼ぎたい…そんな方にはぴったりの職業だと思います。

 

WEBデザイナー

WEBデザイナーと聞いてデザインなんて無理だわ、と思われた方。そこまで美術チックなことではないので安心してください。

僕はとても美術が苦手だったので、最初聞いたときは絶対無理。なんて思っておりました。

ですが、この職業はWEBサイトをつくる(デザインする)仕事なんです。あなたがもしWEBサイトを作りたいけど、時間もかかるし作り方知らないしって状況の時に頼むのがこのWEBデザイナーさんです。

この職業はプログラミングを勉強しただけではなれませんが、ある程度基礎的なプログラムが組めればいい部分があるので、なりやすい職業ではあります。

しかし、その分人が多いので、仕事の獲得率は良くないのがデメリットです。

気軽に稼げる副業をしてみたい…フリーランスとして働きたい…そんな方にはお勧めです。

 

IT社長

プログラミングと言えばって感じですよね。自分で作ったサービスのユーザー数がバカみたいに増えたから起業して世界のトップ企業になんていう○○cebookなんて例もあります。というか今の世界を代表する起業はだいたいIT企業ですよね。

こういった企業になるために必要なことはプログラミングの他にもたーくさんありますが、そのうちの1つであるテクノロジーを生み出すものがプログラミングであります。

起業しようと考えた時に、自分の周りに協力してくれるエンジニアがいなかったり、雇うお金がなかった時、自分が技術者になるしかありません。なので仕方なく勉強して起業。そんな方は少なくありません。そうやって成功している人は無数にいます。

というよりITの社長になるのであれば、仲間の誰よりテクノロジーについて詳しくないと技術の限界をわからなかったり、エンジニアとのコミュニケーションが取れなくなってしまうので、出来なくてもプログラミングの知識は必須でしょうね。

野心があって、いつかはビッグになってやると思っている方にお勧めです。

 

需要

pro1

結論から言いましょう。めちゃくちゃあります。IT企業のトップであるFacebookの元役員はこんなことを言い残しました。

「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」

また、オバマ大統領は、

「コンピューターを勉強することはあなたの未来のためだけじゃないんだ。アメリカの未来がかかっている。」

そしてPubMaticのCEOは、

「あなたが夢見る仕事がマーケティングや営業で、プログラミングがあまり必要ない部署だったとしましょう。でも会社全体がどのように機能しているかあなたが理解できないようであれば、私があなたを雇うことはないだろうし、おそらくこう考えるのは私だけではないと思います。」

など、数々の成功者がこのようなことを言っています。この人たちが言っているとものすごく説得力がありますよね。

まあ普通に考えれば、人々の生活をより良くするプログラミングが需要ないわけないのです。人々の隠れた自分でも知らなかった欲求を満たしてくれたりするから、ITは面白いですよね。

実用例

pro7

では実際にどのようなものにプログラミングが使われているかを見ていきましょう。パソコンが苦手な方でもかなり身近な物にプログラミングが使われていることもあると思いますよ。

まずは、機械系のハードウェアから。

・PC、スマホ、タブレット

・Wii、DS、プレステなどのゲーム機

・家電製品、車   など

身の回りにある機械ほぼ全てがプログラミングによって出来ていると思ってもらえたらいいです。プログラミングをある程度勉強していればわかると思いますが、もしこれがこうこうだったらこうするといった代表的なパターンが日常的な機械に使われていることに気付けます。

それでは次、ソフト系。

・iOS、Android、Windowsアプリ

・WEBサービス

・人工知能   など

色々ありますね。大体こんなもんです。パソコン上で動くものは全てプログラミングによって動いていると思ってもらえれば差支えありません。こっちはどっちかというとサーバー側を操作するプログラミング言語を使います。IT企業とかはこっちです。

 

ざっくりになってしまいましたが、こんな感じです。身の回りのものほとんどでしたね。プログラミングが出来れば食いっぱぐれないというFacebookの元役員の言ってることは間違いないでしょう。

プログラミングの可能性は図り切れません。

 

メリットとデメリット

pro5

ここまでで、プログラミングに対する自分の気持ちはどうでしたでしょうか?やってみたい!って思われた方、やったほうがいいけどやりたくないな…と思っている方、様々だと思います。

いったんプログラミングのメリットとデメリット見て、冷静に考え直してみましょう。

それでは、見ていきます。

メリット

まずはメリットから。

メリット①:豊かな生活ができる

先ほどもお話した通り仕事に困ることはないので、自分で就職先や仕事を選ぶことが出来ます。それによってそれぞれのライフスタイルに合った働き方ができるようになるでしょう。

また、老後とかも仕事も困らなくなることも大きいですね。70台になってもMacでコーディングしてたら面白いですよね。年金に頼らない生き方をすることが出来ます。

メリット②:どこでも自由に仕事ができる

ノマドワーカーに憧れたことのある人ならプログラミング学習はぜひともオススメしたいです。オシャレなカフェで、お子さんと奥さんのいる家で、旅行でいったホテルのロビーで…など憧れの場所で働くことも可能です。

僕は世界遺産のある場所とかでMac開いてカタカタしてみたいです。

メリット③:アイデアを形にできる

僕的には一番オススメしたいメリットです。誰でも、いいアイデアとかやりたいこととかあるんですよ。それを実行できない理由の1つに、アイデアを形にするのはお金がかかったり、自分ではできないってことがあると僕は思うんです。

並外れた成功をするにはまず行動してみる行動力も大事ですが、アイデアを形にするというやりきる力も必須だと考えています。そっからフィードバックなんかを受けてどんどん改良していったらいつの間にか、Googleみたいなすごい組織が出来てくるんじゃないですかね。

デメリット

これまでメリットばかりを見てきて、悪いところに目がいかなくなってしまっていると思うので、デメリットについて見ていきたいと思います。

デメリット①:視力が低下する

これは言わずもがなですね。目は大事にしたいです。パソコン作業になるのでどうしても目は悪くなってしまいます。

何かを得るには何かを犠牲にしなければいけないという古い名言がありますが、これに当てはまりますね。

ただ、僕はこの名言は好きではありません。古臭いです。両方取れるくらい頑張ればいいじゃないんですかね。

デメリット②:不健康になる

こちらも①と同じように、パソコン作業をすることになるので、どうしても運動不足になりがちになるのではないのかなとも思います。また、納期までにどうしても間に合わないってなったときに徹夜なんかを続けていたら、体を壊しちゃいますよね。

こちらは本当に自分次第ではありますが、自分のキャパを知っておくことがとても重要だと思います。

デメリット③:人との付き合いがなくなる

これも自分次第ではありますが、どうしても職業上そうなりがちです。こういうところが文系には向かないと言われている原因なのでしょうね。理系は実験ばっかしてるから、孤独に慣れてますしね。

 

メリットはたくさんありますし、デメリットは健康状態がメインでしたね。これをどう捉えるかは様々だと思います。ぜひ参考にしてみてください。

 

勉強方法

pro3

はやく勉強したい!と思って頂ける方はさっそく勉強していきましょう。

プログラミングをどう勉強していけばいいか、どっから始めたらいいか、初心者の方はわからないと思います。効率よく勉強するためにも見ていきましょう。

独学

何事もそうですが、独学はマイペースにのんびりできます。自分で何をどうしたらいいかを誰かから教わるなりネットで調べるなりなんなりしてわかるのであれば、独学が一番いいのではないのかなと思います。

ですが、正直それができない人がほとんどだからエンジニアがあまりいないのではないでしょうか。なので僕はWEBサービスに登録したり、プロの人に教えてもらうことをお勧めします。

WEBサービス

WEBサービスを作るためのWEBサービスが存在します。オススメなものを2つ紹介しますが、どちらも無料版だけでもかなりクオリティの高い学習効果が得られると思いますのでぜひ活用していきましょう。

それは見ていきます。

ドットインストール

こちらは3分動画でインプットして、プログミングをマスターするものです。初心者向けではありますが、全くの初心者には向かないかなと僕個人的には感じました。また、環境構築なども無料で出しており、非常に役に立つWEBサービスです。あらゆる言語をマスターできます。

Progate

Progateはオンラインで実際にテキストエディタにプログラムを書いていってWEBサービスを作っていくWEBサービスです。かなり初心者向けで、めちゃくちゃ丁寧な説明でインプットして、エディタに書いてアウトプットという流れで本当に楽しみながら学べる素晴らしいサービスです。

ドットインストールでインプットして、Progateでアウトプットするというのも非常にいい流れだと思います。

オンラインレッスン

僕は一番オンラインレッスンをおすすめします。これにははっきりとした理由があります。プログラミング言語をマスターしているメンターがついてくれるからです。何事も最適解をいうものがあって、メンターがいるとその最適解を教えてもらえるのです。

つまり、独学などと比べると遥かに時間効率がいいのです。ちょっと値段は高くなってしまいますが、最速で仕事を取るレベルまでになるにはオンラインレッスンが一番です。お金がある方にはぜひ、オススメです。

ストリートアカデミー

このサービスは素人が先生となって、授業できるようなプラットフォームです。

つまり、これも同じようにプログラミング言語をマスターした人から最適解を教えてもらえるのです。しかも素人の方がされているので受講料もかなり良心的なものが多いです。僕も使ったことがありますが、そこで同じくWEBサービスを作りたいという仲間に出会えて刺激しあております。

独学でやっているとなかなか刺激しあえる仲間との交流がないんです。ストリートアカデミーではそういう交流もあるのでかなりオススメです。

 

まとめ

pro8

プログラミングとは何か、徹底的に説明してきましたがいかかがでしたでしょうか?これからの時代ますますプログラミングの需要は高まっていくでしょう。あなたもいちはやく習得して、最先端のテクノロジーを作ってみませんか?

スポンサーリンク

コチラの記事も必見!



ABOUTこの記事をかいた人

元ジュノンボーイコンテストファイナリスト。主にWEB上で男性観点の恋愛、仕事について発信しています。最近はTwitterの活動にも力を入れていますので、ぜひフォローよろしくお願いします。本業でSEOコンサル・WEBライター・新規営業もやっています。