失恋してから後悔する理由と過去を断ち切り前を向くための考え方

横になる寂しげな女性

スポンサーリンク

「どうしてあの時あんなことを言ったんだろう」「素直に謝っておけば良かった」など、後悔や自分を責めることからなかなか解放されなかった、という経験が誰でも一度はあるでしょう。

しかし、なぜ失恋をしてから後悔することになるのでしょうか、また後悔する人にはどのような特徴があるのでしょうか?

この記事では、失恋してから後悔する最大の理由や失恋の後悔を断ち切って前を向くための考え方、後悔してしまいがちな人の特徴をご紹介します。

失恋してから後悔してしまう最大の理由

外を見る寂し気な女性

失恋してから後悔してしまう最大の理由は、相手に対して自分が尽くさなかったこと。

例えば、交際期間が長く、相手の優しさや気遣いが当たり前になると、相手に対する感謝の気持ちが薄れ、自分が相手に何かしてあげようとする意識が低くなるケースが挙げられます。

また、連絡もデートもほとんどしない、会わない時間が長いなど、自分の仕事のことプライベートなことを優先する場合もあるでしょう。

短い期間なら優しい相手なら許してくれるかもしれませんが、長期間ほったらかしにして相手の寂しさや不安が限界に達してしまい、別れを告げられたというケースもあります。

そして、相手から別れを告げられる時になってから、自分が相手に尽くしてこなかったことに気づき、後悔するのです。

自分から別れを告げて振った際にも、「相手に甘えていた」「どうして今まで優しさに気づけなかったのだろう」と後悔することになります。

一方で、結婚に積極的な姿勢を取り過ぎて、自分の気持ちを押し付けてしまったり、相手のペースを考えられなかったりして、相手から振られることも。

「自分のことばかりで相手の気持ちを考えられなかった」「何もしてあげられなかった」と、相手への罪悪感や後悔の気持ちでいっぱいになり、長く自分を苦しめることになります。

そのほか、片思いの相手に失恋した場合は「もっと積極的に行動していれば」、浮気をしてしまった場合は「誘惑に負けてしまった」という後悔を抱える人もいます。

別れた元カレとのことで悩んでいるなら、今後を占いませんか?

「元カレがどうしても忘れられない」 「もう1回会いたい。やり直したい。」

気が付くと元カレのことを考えているくらいなら、「あなたが本当に元カレと復縁できるのか」「元カレとの復縁出来て今後うまくいくのか」を本格占い師に相談してみませんか? 業界で話題の電話占いヴェルニでは、当たると評判の占い師が多数揃っています。

\今なら初回鑑定最大3500円無料!/

失恋の後悔を断ち切るための考え方

サクラに囲まれた明るい女性

「もっと相手の気持ちを分かってあげていたら」「自分の行動が恥ずかしくて情けない」など失恋してからは自分を責めて後悔してしまいがち。

しかし、ずっと失恋の後悔を抱えたままだと、ネガティブな姿勢から復縁が上手くいかなかったり、次の恋に前向きになれなかったりとその後の恋愛に大きく影響します。

ここでは、失恋の後悔を断ち切るための考え方をいくつかご紹介していくので、前向きさを取り戻して明るい未来に進めますように。

失恋には意味がある

失恋をすると、「人生の終わり」「もう立ち直れない」などマイナスな方向に捉えてしまいがちですが、人生の中で失恋をするのにも意味があります

失恋をすることで、相手の優しさや気遣い、愛情の深さなど今まで見えていなかった部分に気づくことができます

また、自分の欠点などを見つめ直して、自分磨きを始めることもあるでしょう。

自分磨きをすることで次の恋愛に進めたり、魅力を高めて別れた相手と復縁したりと、失恋の経験が自分を成長させるきっかけとなります。

そして、失恋は、付き合っていた相手が本当に運命の相手だったのかを見定めたりするタイミングでもあるのです。

このようなプラスの失恋の意味を知ることで、前向きな気持ちになり、失恋の後悔をバネに「次は頑張ろう」と思えるでしょう。

▼失恋の意味を詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック

失恋には意味がある!スピリチュアルな意味とそれを表す名言集

2018.02.20

他にも素敵な人がいる

夕焼けとカップル

失恋の後悔を断ち切るためには、元恋人や片思いしていた相手の他にも素敵な人がいることも知る必要があります。

次の恋愛に進もうとしようにも、「元カレ・元カノの方が良かった」「あの人はもっと素敵だった」など元恋人や片思いしていた相手と周りを比較することもあるでしょう。

しかし、別れを受け入れなければ、たとえ周りに自分の良さを分かってくれる人がいたとしても、出会いのチャンスを逃してしまいかねません。

元恋人や片思いしていた相手以外にも、素敵な異性がいることを知るだけでも別れを受け入れて、前に進もうとする体制ができるのです。

前に進もうとする体制ができれば、自然と後悔の気持ちが弱まっていくとともに、「二度と後悔しない恋愛をしよう」「次の相手は絶対に大切にしよう」と気持ちが前向きになります。

心持ちを変えて内面・外見を磨きにも努めることで、素敵な相手と出会えるかもしれませんし、別れた相手が未練を感じて復縁のチャンスが巡ってくるかもしれません。

▼失恋を受け入れる方法を詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック

失恋を受け入れる方法と辛い別れを受け入れなければならない理由

2018.02.27

お互い成長したら復縁もできる

失恋の後悔を断ち切るためには、お互い成長したらいつか復縁もできるという考え方を持つことも大切。

何も努力をしないまま後悔の気持ちから相手に復縁を迫っても、「何も変わっていない」「自分のことばかり」と相手になおさら嫌われかねません。

しかし、自分の欠点を見つめ直して自分の成長のために努力することで、相手の知らない一面を身に付けることができ、復縁のチャンスが巡ってくることも。

また、お互い成長出来たら復縁の選択肢が出てくると考えるだけでも、気持ちを冷静に落ち着かせることができます。

失恋してからすぐは気持ちがショックや後悔の気持ちなどで落ち着かないかもしれませんが、一旦冷静になる時間を設けて内面や外見を改め直すようにしましょう。

▼振られた後に復縁する方法を詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック

振られた後に最短で復縁するための4ステップ

2018.02.28

失恋の名言の考え方を知る

本とバラ

失恋の後悔を断ち切るためには、失恋の名言の考え方を知って心を落ち着かせることも効果的。

失恋の名言は多くあり、失恋の後悔を断ち切って明るい未来に進もうと考える上で参考になります

また、失恋のショックな気持ちや後悔、悲しみなど傷ついた心を癒す薬になることもあるのです。

例えば、

  • 「暗闇を呪うくらいなら、ローソクに灯をともしましょう」
  • 「涙で目が洗えるほどたくさん泣いた女は、視野が広くなるの」
  • 「一人を失ったからといって嘆くことはない。男と女は半分ずついるのだから」

など、失恋の後悔を断ち切って前向きに未来を切り開いていこうとする考え方の名言はたくさんあります。

辛い失恋に効く名言の数々を見たり、聞いたりするだけで、心が少し軽くなったり、次の恋愛に進む勇気を持てたりするでしょう。

▼辛い失恋に効く名言をもっと知りたい方はこちらの記事をチェック

辛い失恋に効く!完全に立ち直るために知っておくべき名言30選

2018.02.21

失恋して後悔した体験談

思い出

実際に失恋をして後悔した経験がある人は、どのような状況でどのようなことを後悔しているのでしょうか?

ここからは、実際に失恋して後悔した人たちの体験談をチェックしていきましょう。

(1)素直に謝ることができずに喧嘩別れしてしまった

付き合っていた大好きだった人と些細なことで喧嘩をしてしまい、引くに引けず謝ることができないまま別れることになりました。

喧嘩してもすぐに仲直りできるだろうと甘く見ていましたし、プライドが謝ることを許しませんでした。

一緒にいるのが当然だったため、「あの時素直に謝っておけばずっと幸せな時間が続いたのに」と後悔しています。(21歳・大学生)

(2)相手に甘えてしまった

寂しげな女性

忙しいから連絡はほとんどなし、電話もしない、デートをする時間も作らないなど、彼に甘えたいだけ甘えてしまいました。

彼も「忙しいなら仕方ないよ」と最初は言ってくれていましたが、長く状況が変わらなかったため、彼から別れを告げられました。

彼に甘え過ぎていた自分が許せなかったですし、今思い出すとありえないことをしてしまったんだなと後悔しています。(25歳・会社員)

(3)浮気をしてしまった

夫婦みたいに仲が良くて、喧嘩をしてもすぐに仲直り、という関係の恋人がいましたが、自分の浮気から別れることに。

少し刺激が欲しくて違う相手の方になびいてしまったことがすぐにバレてしまいました。

別れた後は、恋人に対する愛情の深さや、相手の存在のありがたみを本当に感じて、自分の行った過ちを責めて後悔しています。(30歳・会社員)

失恋してから後悔してしまいがちな人の特徴

悲しむ女性

失恋をしてから後悔をしてしまいがちな人には、共通した特徴があります。

どのような恋愛の仕方をすると後々後悔する結果になるのか、ここでは後悔しがちな人の特徴をご紹介します。

受け身な恋愛をしてきた

相手が何かをしてくれるのは当然、というように受け身な恋愛をしている人は失恋してから後悔してしまいがち。

自分でアクションを起こすことなく失恋をすると、「あの時行動していれば」「何か相手のためにできたはずなのに」と後悔することになってしまいます。

特に、交際期間が長くなると、相手の優しさや気遣いに気づくことができなくなり、受け身なのが当然な状態になりやすいので注意。

相手から与えられるだけでなく、自分からも気遣いや優しさ、愛情を与えられるように意識しましょう。

尽くしきれなかった

海と女性

自分のことでいっぱいいっぱいで、相手に尽くす機会が少ないという場合も失恋してから後悔する人の特徴。

相手に甘えるだけ甘えるような付き合い方をしていると、相手は「自分の幸せのことしか考えていない」と不安や悲しみを感じて、別れを切り出されることがあります。

そうなると、「もっと相手の気持ちを考えていれば」「自分から相手に何かしてあげていたか」など後ろめたい気持ちから後悔することになります。

優しい相手に甘えることも信頼関係を築く上で大切なのかもしれませんが、相手の立場になって気持ちを汲んであげることも大切なのかもしれませんね。

正直になれなかった

正直に謝ることができない、甘えることができないなどというパターンも失恋してから後悔してしまいがち。

恋愛中は「好き」「ずっと一緒にいよう」など相手に自分の本当の気持ちを素直に伝えたり、喧嘩をしても素直に謝ったりなど、正直さが長続く関係を続かせるための秘訣となります。

しかし、正直になれずに相手にそっけない態度をとってしまったり、喧嘩をしても謝らなかったりすると、関係が悪化して別れることもあります。

失恋した後になってみると、「どうして素直になれなかったのだろう」「正直に気持ちを伝えておけば良かった」など、相手に対する態度や自分の行動を反省して後悔することになるのです。

腹を割って正直に話しをすることが長期間良好な関係を保つためには必要なので、正直さが足りないと思う場合には態度や行動を見直した方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

コチラの記事も必見!