失恋を受け入れる方法と辛い別れを受け入れなければならない理由

考える女性

スポンサーリンク

幸せだった恋愛に終わりが見えてくると、誰しも辛く悲しい思いになって落ち込んでしまうもの。

辛く悲しい失恋を乗り越えるためには、時間をかけながら好きな人を「過去の人」に変えなければなりません

しかし、失恋を乗り越える過程の中で、まずは失恋をした事実を受け入れることが最初の難関となります。

多くの人が「失恋したなんてありえない」と現実逃避をしてしまうため、受け入れるのには時間がかかるのです。

この記事では、辛い別れを受け入れなければならない理由と重要なポイント、そして失恋を受け入れるための方法についてご紹介します。

失恋して別れを受け入れるために知っておくべき重要ポイント

寂しげな女性

失恋して別れを受け入れるための重要なポイントとしては、失恋を受け入れるのには時間が解決してくれるということ。

失恋をした事実を受け入れるという作業は、失恋を乗り越える最初のステップではありますが、愛した人であればあるほど時間がかかって難しいもの。

失恋をすると、人は半日~3ヶ月、長い人だと1年以上現実逃避をしてしまい、好きな人を忘れられない期間が続きます。

頭では失恋したことを分かっているはずなのに現実を受け入れられず、好きな人に執着して「失恋したなんて嘘」「本当はまだ好きでいてくれている」と思い込むのです。

失恋したことを受け入れられないと、いつまでも悲しみとショックが居座り、混乱した状態が続いてしまいます。

ただ、いつまでも現実逃避をする期間が続くわけではなく、時間が経つと現実を受け入れるべき瞬間が来ます

例えば、

  • LINEや電話をブロックされている
  • 会ってもそっけない態度や言動
  • 話し合おうとしても「別れたい」しか返ってこない

など、別れた後の相手の態度がガラリと変わるため、失恋した証拠が現実に現れ始めるのです。

最初は、「何か理由があるから別れたのかもしれない」と思っていても、相手から拒絶される態度を取られ続けると「振られた」と認識する人が多いようです。

時間をかけて失恋を受け入れることができた時、失恋した事実は過去のこととなり、悲しみやショック、混乱から遠ざけてくれます。

また、自分の見直すべきところや相手の欠点なども冷静に客観視することができるようになり、次の恋愛に進めるかもしれません。

何事も時間が経てば解決すると言いますが、失恋して別れを受け入れるにしても時間が解決してくれるのです。

失恋して別れを受け入れる方法

夕焼けと女性

頭では分かっていても失恋をなかなか受け入れられない理由としては、以下の3つが挙げられます。

  1. 相手の心変わりを期待している
  2. 失恋の事実をプライドが許さない
  3. 別れるまでに至った自分の悪かった点が分からない

3つの理由を含めたうえで、失恋して別れを受け入れる方法をここではご紹介します。

もう復縁できる可能性は限りなく低いと考える

失恋して別れを受け入れる方法の一つ目として、復縁できる可能性は限りなく低いと考えること。

失恋を受け入れられない理由の一つに、「もしかしたらまた自分を好きになってくれるかも」「愛が戻ってくるかも」という相手の心変わりを待つことが挙げられます。

中には、別れた事実を完全に否定したり、失恋の事実を受け入れるのを避けるために好きな人に復縁を求めたりする人も。

ただ、まだ復縁できるはずとこっそり期待し続けていると、いつまでも好きな人のことを忘れられず、失恋を引きずってしまう恐れがあります。

失恋を受け入れてリセットするためには、相手を「過去の人」として捉え、元恋人なしでもやっていけるという前向きな姿勢になることが大切です。

なぜ別れてしまったのかを考える

考える女性

失恋して別れを受け入れる方法の二つ目としては、なぜ別れてしまったのか、自分に何か悪い点があったのかなどを考えること。

別れてしまった理由を考えて知ることで、自然と別れを受け入れられるようになります。

ただ、別れてしまった理由がはっきりしている場合は良いですが、何も思い浮かばないという場合には失恋を受け入れるのが難しいでしょう。

態度や性格、癖など自分には何も問題がないのに別れを切り出された、という場合もあるでしょう。

もちろん、気づかないうちに相手に不快な思いをさせていた可能性もありますが、自分の良さを理解してくれなかった相手に執着する必要はありません

こうして別れた理由を考えていくうちに、「自分といるべき相手ではなかった」「自分の良さを理解してくれる素敵な異性と次は恋をしよう」と失恋した事実を受け入れられるようになるのです。

素敵な異性を見つける

失恋して別れを受け入れる方法の三つ目としては、元恋人以上に自分の良さを理解してくれる素敵な異性を見つけること。

失恋した直後は難しいと思いますが、元恋人以外にも素敵な異性がいることを知るだけでも、失恋を受け入れる体制が出来始めます

異性は元恋人だけではなく、見まわしてみると気づかなかっただけで自分の良いところを理解してくれる異性はいるかもしれません。

素敵な異性と出会うことができれば、引きずっていた恋愛も過去のものとなり、「良い経験をした」と思えるようになるのです。

プライドを捨てる

憂う女性

失恋して別れを受け入れる方法としては、自分の持っているプライドを捨てて振られた事実を受け入れることも大切。

失恋をすると「どうして私が振られるのか」「失恋なんて絶対認めない」とプライドが邪魔をする場合があり、失恋の事実を受け入れるのが難しくなります。

プライドを低くする必要はありませんが、失恋したことを認めないプライドではなく、「プライドをバネにしてより高みを目指すぞ」というポジティブな方向にシフトすることが必要です。

プライドが高い人ほど反骨精神が高いため、ポジティブな方向にシフトするのも考え方次第では簡単にできるはずです。

周りにいる人の失恋話を聞かせてもらう

失恋して別れを受け入れる方法として、周りの人の失恋話を聞かせてもらうことも効果的な方法です。

周りの人の失恋話を客観的に聞いていると、結局好きな人と別れたとしても今楽しく過ごしている、どうにか生きていけることを知ることができます。

冷静に失恋経験者の話を聞いていると、「今は苦しいだけだけど、何とかなるんだな」と元恋人への執着が段々薄くなります

また、何より状況は違っても同じ失恋をした人の話を聞いたり、話を聞いてもらったりする経験は、思いを共有できて心を軽くするとともに、前に勇気が出てくるものです。

信頼できる友人や同僚、家族など周りの失恋話に耳を傾け、「元恋人がいなくてもやっていける」と徐々に明るい方向へ気持ちを持っていきましょう。

失恋して別れを受け入れるべき3つの理由

孤独な女性

失恋のショックで連日涙を流したり、落ち込んで部屋に閉じこもったり、イライラしてストレスを感じたり…失恋の受け止め方は人それぞれ。

ただ、失恋して別れを受け入れることができなければ、立ち直ることも、前に進むこともできません

そのため、失恋の事実を受け入れるという最初のステップが何より重要なのです。

ここでは、失恋して別れを受け入れるべき3つの理由についてご紹介し、受け入れられないことで生じるデメリットについても合わせて解説します。

次の恋愛に進めない

失恋を受け入れるべき一つ目の理由としては、次の恋愛に進みづらくなることが挙げられます。

「あの人は素敵な人だった」「また私のところへ戻ってきてくれるはず」など、失恋後は事実を受け入れられず、楽しかった思い出と相手への期待感を持つ人も多いでしょう。

ただ、失恋を受け入れられないまま時間を過ごしてしまうと、1ヶ月、3ヶ月、1年…と失恋を引きずる期間が長くなってしまいます。

そうすると、次の恋愛になかなか進めなくなって時間を無駄にするとともに、新たな出会いのチャンスも見逃す恐れもあるのです。

好きな人を忘れるまでの期間は大体3ヶ月~1年が平均的ではありますが、次の新たな恋を見つけて立ち直る人も多くいます

男女で考え方は異なりますが、「もうヨリが戻ることはない」という事実を認め、「付き合ったことで良い経験になった」「自分を成長させてくれた」と良い方向に考えましょう。

▼こちらの記事もチェック

好きな人を忘れるまで引きずる平均期間を徹底調査

2018.02.26

異性が素敵に思えなくなる

カップル

失恋して別れを受け入れるべき二つ目の理由としては、元恋人と比較して周りの異性が素敵に思えなくなるから

どんなに自分を認めてくれる素敵な異性が目の前に現れたとしても、「元恋人の方が素敵」「あの人以上の人はいない」と考えてしまうと、出会いのチャンスを逃してしまいます

元恋人も確かに素敵な人だったかもしれませんが、失恋で別れてもう側にいることが難しい、一緒に楽しい時間を過ごすのが難しい関係になっています。

失恋をした相手は自分と一緒にいるべき相手ではなかったと気持ちを切り替え、次の恋愛につなげていくことも大切です。

以前付き合っていた人と別れた後に、本当のパートナーと出会えたという人もたくさんいます。

相手との一つ一つの思い出に感謝して「さよなら」を告げ、出会いの場を広げたり、関心のあることに積極的に参加してみたりしましょう。

別れも選択肢だということに気付ける

失恋して別れを受け入れるべき三つ目の理由としては、別れも選択肢の一つだということに気付くことができるから。

別れを受け入れることができないと、どうしても「ヨリを戻したい」「愛情を元に戻したい」などに気持ちが行きがち。

しかし、失恋を受け入れることができれば、別れて違う人と歩んでいくことも選択肢だということに気付くことができます

失恋はマイナスな方向に捉えられてしまう傾向にありますが、失恋することにも考え方を広げたり、心を成長させたりする意味があるのです。

「自分にはあの人しかいないのに」「人生の終わり」と失恋した当初は考えるかもしれませんが、自分は何一つ欠けておらず、何も失ってはいません。

元恋人と距離を置くにつれて、冷静に考えられるようになり、人生を歩んでいく上で大切な選択だったのだと気づくことができる時が来るはずです。

▼こちらの記事もチェック

失恋には意味がある!スピリチュアルな意味とそれを表す名言集

2018.02.20

スポンサーリンク