感情には必ず意味がある!嫉妬の意味とは?

スポンサーリンク

こんにちは、タイガです。

皆さんの中には、ヤキモチを焼くことを悪いことだとか恥ずかしいこと、なんて捉えている方もいらっしゃるのではないしょうか。
でも、本当は嫉妬することって悪いことばかりではないのです。

嫉妬の本質とはどんなもんなのか?見ていきましょう。

 

嫉妬の種類

%e5%ab%89%e5%a6%ac%e2%91%a5

意味のお話をする前に、嫉妬にはどのような種類があるのかをお話ししたいと思います。嫉妬といっても主に2種類あるんです。それぞれに特徴があり、これらは切っても切り離せない深い関係があります。1つ1つ見てみましょう!

愛情関係の嫉妬

恋愛において、嫉妬を経験したことがあるという方はたくさんいらっしゃるでしょう。あれです。むしろ経験したことない方のほうが少ないのではないでしょうか。

具体的な例で見ていきましょう。

自分の恋人が異性の友達と飲みにいったとしましょう。そうすると「そこでずっと話していた異性を好きになってしまうのではないか」「浮気してしまうのではないか」「新鮮な感情がわいて、自分に飽きてしまうのではないか」なんて不安がよぎったりするでしょう。

他にも、ひとりっ子だった家庭に新しく赤ちゃんができた場合なんかは、今まで第一子に愛情を注いできた親たちも、赤ちゃんができることで第一子への愛情が減ってしまう、あるいはそう感じるときがあるのです。

そういう場合に生じる嫉妬を愛情関係の嫉妬としています。

優劣関係の嫉妬

「なんであの子ばっかり?」「どうせ私なんて・・・」「俺にもアイツの能力があればなあ」そんなふうに思ったことはありませんか?これは女の子同士の会話や、仕事の同僚との会話なんかでよくあると思います。

例えば、話題があまり豊富ではないけれど仕事が部署内で一番出来るA子さんがいて仕事をバリバリにこなすことが出来て、ちやほやされていたとします。ある時、転職で入ったA子さんより優秀なB子さんが入ってきました。しかもB子さんは仕事ができるだけでなく、明るい性格ですぐにその部署のムードメーカーとなりみんなの尊敬はB子さんに移ってしまいました。その結果、自分の称賛がなくなり、A子さんはB子さんに「来なければよかったのに」「事故にでもあえばいいのに」という気持ちを抱きました。

こういうときにA子さんが抱く嫉妬を優劣関係の嫉妬としています。

 

嫉妬には必ず存在する意味がある

%e5%ab%89%e5%a6%ac%e2%91%a6

人間の感情には必ず意味があると言われています。

例えば不安という感情。不安を感じることにより、慎重に行動するようになり、そうすることで心身を危険な状態になること防げます。

このように感情は自分を守るために備わった自己防御能力と言えます。

嫉妬も感情の一部なので何か意味があるのです。嫉妬という感情は何を教えてくれるのでしょうか。見ていきましょう。

嫉妬は人間関係特有の感情

雨が降ったからイライラする、犬が反応してくれなかったら悲しい、など怒るとか悲しむといった感情では人間以外のものに対してもするのですが、嫉妬という感情は人間以外に対して生じない、人間同士の関係特有の感情なのです。

つまり、嫉妬という感情は社会的動物である私たち人間にとって当たり前の感情なのです。

嫉妬が教えてくれる危機

では、嫉妬という感情が私たちにどのような危機を知らせてくれるかについて見てみましょう。

①自分が認められなくなる危機

こちらは、愛情関係の嫉妬、優劣関係の嫉妬どちらとも当てはまります。

社会において自分が認められなくなると人間は生きられないです。いや、生きることは出来ても誰からも認められないで生きることは虚しく、寂しいものですよね。

社会的動物である人間が誰からも認めてもらえないということは大げさに言うと生死に関わることであり、嫉妬はその危機的状況に気付かせてくれる自己防衛能力なのです。

恋人を束縛してしまうという行為は要するに自分が認められなくなることを予防したり、そのようなことをする元凶をなくしたりしようとする行動なのです。

②視野が狭くなる危機

こちらは愛情関係の嫉妬において起きやすい危機です。

もしあなたがフリーだったときに元カノ、元カレに新しい恋人ができると、嫉妬してしまう人は多いと思います。別れたのならば相手が何をしようが何も関係ありません。でも、あなたが感じる嫉妬はおそらく「自分ではない人を選んだ」という嫉妬でしょう。自分が認められなくなったと捉え、それだけしか見えなくなってしまい、視野が狭くなってしまうのです。

別れなければならないくらい相性が悪かったことや、自分は人生うまくやっていけているというところが見えなくなってしまうのです。嫉妬って恐ろしいもので、一度視野が狭くなってしまうと嫉妬という感情を軽減しない限り、視野が狭くなったまま抜け出せなくなってしまうのです。

身に覚えのある人は一刻も早く嫉妬を軽減させましょう。

原因がヒントに!恋人への嫉妬を軽減させる方法4選

 

まとめ

%e5%ab%89%e5%a6%ac%e2%91%a7

今回は嫉妬の種類と意味についてお話させていただきました。僕も最近まで嫉妬が自分の危機を知らせてくれるものだとは知らずに、悪い感情だと思い込んでいました。

嫉妬って放っておくとストーカーなんかの重大事件を招きかねません。一刻も早く対処して、みんなで幸せに平和に暮らせるようになるといいですね。

スポンサーリンク

コチラの記事も必見!



ABOUTこの記事をかいた人

元ジュノンボーイコンテストファイナリスト。主にWEB上で男性観点の恋愛、仕事について発信しています。最近はTwitterの活動にも力を入れていますので、ぜひフォローよろしくお願いします。本業でSEOコンサル・WEBライター・新規営業もやっています。